酔狂日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 感動のQちゃん復活!

<<   作成日時 : 2005/11/20 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京国際女子マラソン、高橋尚子が2年ぶりにフルマラソンに出場するというので、久しぶりにマラソンをテレビ観戦することにした。二日前に軽い肉離れがふくらはぎに3ヶ所あると自らマスコミに発表した。出場しないのなら発表するのもわかる。でもなぜ出場するのに、あえて足の故障を発表するのか。負けた時の言い訳か、などと穿った見方もあちらこちらで見られた。果たして真意はどうなのか。そんな興味もあった。

高橋は最初から先頭集団の中にいた。ペースメーカーが先導するというレースというのも不思議な気がしたが、ともかくペースメーカーが刻むペースに合わせて、比較的ゆっくりとしたペースで前半は進む。それでも、一人、二人と先頭集団から脱落していく。その人たちを確認するように振り返りながら、高橋は先頭集団についていく。今までの高橋なら自らマラソンを仕掛けていって、何度かペースアップを図りながら独走に持ち込むというのタイプの選手だが、今日はそんな姿がみじんも見られない。やはり怪我の影響かと思われた。いや、それとも2年前のレースで、前半のペースアップがたたって30キロ過ぎから足が動かなくなった反省か。いずれにしても、いつもの高橋とは明らかに違う。

軽い気持ちで見ていたテレビ観戦のつもりが、いつの間にかテレビに釘付けになってしまった。25キロ過ぎくらいからはペースメーカーも脱落し、先頭を走る3人の争いとなった。東京マラソンには39キロ付近に急坂が待ち構えている。心臓破りの坂とも呼ばれている。2年前の高橋もその坂で追い抜かれ、結局アテネオリンピックの代表を逃がしてしまった因縁の坂である。当然、39キロの坂を過ぎるまでは、自重して自らレースを仕掛けることはないだろうと思われた。ところが、ところがである。36キロで高橋は、思いっ切りギアチェンジをしてペースアップを図ったのである。見る見る間に2番手以降と差が開いていく。今日だけは仕掛けないと思われていた高橋が仕掛けたのである。この姿を見て思わず感動して涙が出てきた。なぜだろう。他人の姿をを見て、なぜこんなに感動するのだろう。自分でも不思議な気持ちがした。

結局、高橋はそのまま逃げ切って1位でゴールインする。すごい、すごい選手なのだ、高橋尚子は。ただ1度の失敗でアテネを逃がしてしまったが、その失敗を乗り越えて、ますます凄みを増したような気がする。これからのQちゃんが楽しみである。でも、結局あの怪我の発表は何だったのだろう。本人は、何でも隠さずオープンにしたかったからと話していたが。今回の感動の一因に、その怪我を押しての出場なのに頑張って優勝したというのもあるのかもしれない。でもすごい。本当にすごい選手である。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へにほんブログ村
人気ブログランキングに参加中。
良かったら、上のバナーをクリックしてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感動のQちゃん復活! 酔狂日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる