酔狂日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンタスティックな女性たち

<<   作成日時 : 2005/11/21 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、高橋尚子選手のマラソンを見たあと、女子ゴルフのテレビ中継を見た。ここでは、宮里藍選手が神がかり的なパットを立て続けに決め、14番から3連続バーディで優勝を確固たるものにしていた。この日2打差の3位でスタートした宮里は、ノーボギー、7バーディのベストスコア65で回り、見事に逆転優勝。もし、宮里が優勝しなければこの時点で不動裕里の6年連続賞金女王が決まっていただけに、来週の最終トーナメントまで女子ツアーを面白くしてくれた。そして、宮里は賞金女王のかかった最終戦を欠場して、来シーズンのアメリカツアー出場権を掛けた最終予選会に出場するという。日本国内の賞金女王の座よりも、アメリカツアーの出場権の方を選んだわけだ。常に高いところを目指す。これは大リーグを目指す日本の野球選手や、ヨーロッパリーグを目指すサッカー選手と相通じるものがある。そんな宮里の姿を見ていると、日本国内の賞金女王にしがみついている不動が小さな存在に見えてくる。いや、決して不動が小さな存在なわけではない。6年連続賞金女王なんて並の選手でできることではない。歴史に名を残す選手には違いない。でも宮里はそのはるか上を行っている。すごい日本選手が出てきたものだ。

そして、夜はフィギアスケートのフランスグランプリの中継録画をみた。ここでは、15歳の天才少女、浅田真央ちゃんが伸び伸びと軽やかに氷上を舞っていた。シニア参戦2戦目で優勝。デビュー戦が2位だったので、早々とグランプリ・ファイナルの出場を決めてしまった。まだ、表現力に粗さは目立つものの、ジャンプの技術力は世界一。浅田の右に出る者はない。これからどこまでうまくなるのか末恐ろしい逸材である。年齢制限で今度のオリンピックに出られないというが、今の浅田のスケーティングを見ていると、オリンピックで滑る姿を見たかったものだ。4年後でもまだ10代なのだから決して遅くはないのだが、4年という時間は結構長い。浅田にとって、なんと罪作りな年齢制限なのだろう。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へにほんブログ村
人気ブログランキングに参加中。
良かったら、上のバナーをクリックしてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファンタスティックな女性たち 酔狂日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる