酔狂日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ALWAYS 三丁目の夕日

<<   作成日時 : 2005/12/10 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前から観たいと思っていた「ALWAYS 三丁目の夕日」。休日だと何かと用事が入ってしまい、なかなか観ることができないので、思い切って平日の木曜日に、午後8時からのレイトショーで観ることにした。妻と県庁前で待ち合わせて、ちょっと早めにイオンに着き、一緒に夕食を食べてから映画を観るという、まるで定番のデートコースのようなメニュー。

映画は昭和33年の東京が舞台となる。ちょうどボクが生まれた翌年のこと。子どもの頃の記憶とダブらせながら、ついつい懐かしい気分になる。それにしても、CGを駆使した映像の何というリアリティだろう。上野駅に到着するSLの集団就職列車といい、路面電車と一緒に東京の大通りを走るクラシックカーといい、少しずつ上に伸びていく建設途上の東京タワーといい、すべてがすべて、何の違和感もなく見せてくれる。昭和33年といえば、50代以上の人ならすべて鮮明な記憶のもとに甦る風景である。だからいい加減なことはできない。ごまかしが利かない。驚いたことに、モーションキャプチャも使われているのである。アニメじゃないのに、いったいどこに使われているんだろう。それは見てのお楽しみ。この映画は、まさに最新映像技術がフルに使える今だからこそできた映画と言って過言ではない。

 内容も、子ども同士の友情あり、親子愛あり、男女愛あり、他人なのに親子以上の愛情ありと、人情たっぷりで、思わずホロリとする場面が満載なのである。この映画はいい。純粋に万人が楽しめる映画である。こんな映画、最近めったにないよな。また、ついつい人情劇の陰で見逃しがちだけど、テレビ、冷蔵庫、洗濯機といういわゆる3種の神器が揃っていく目まぐるしいほどの時代の移り変わりを、見事に表現していたのが氷屋さんの演技である。社会派だよなぁ。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へにほんブログ村
人気ブログランキングに参加中。
良かったら、上のバナーをクリックしてください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ALWAYS 三丁目の夕日 酔狂日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる