酔狂日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 初春大歌舞伎

<<   作成日時 : 2007/01/02 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像2年振りに、正月の初春大歌舞伎を観劇した。前回は新橋演舞場だったが、今回は歌舞伎の殿堂、歌舞伎座での観劇である。正月の歌舞伎は、観る人も和服や晴着が多く、華やかでいい。今回は、「松竹梅」、「俊寛」、「勧進帳」、「喜撰」の4演目。分かりやすい演目が多く、イヤホンガイドなしでも楽しむことができた。それに、正月の歌舞伎座を飾るとあって、豪華キャストにいろどられ、十分に満足のいく内容だった。

「松竹梅」 梅玉、橋之助ほか
 新作舞踊。新春を飾るに相応しい、三段返しの長唄による舞踊。踊りがとても華やかだ。

「俊寛」 吉右衛門(俊寛)、段四郎(瀬尾)、富十郎(丹左衛門)、福助(千鳥)、東蔵(成経)、歌昇(康頼)ほか
 近松門左衛門作、全五段の時代浄瑠璃「平家女護島」の二段目切にあたる。歌舞伎の演目としては、大正時代、初代吉右衛門が演じ、当たり役としてから、繰り返し上演される名作となった。会場のあちらこちらからすすり泣きが聞こえるほどの名演。ドラマ仕立てとして観ても十分面白い。

「勧進帳」 幸四郎(弁慶)、梅玉(富樫)、芝翫(義経)ほか
 誰もがストーリーを知っている、歌舞伎18番の勧進帳。NHK大河での滝沢クンのイメージが残っているせいか、いくら歌舞伎の役どころとはいえ、芝翫の義経役には高齢すぎて違和感を覚えた。幸四郎は弁慶役をおはこにしており、11月23日に小坂町の康楽館で900回目の弁慶を演じたばかり。これから1000回に向けて、新たなスタートを切った。

「喜撰」 勘三郎(喜撰法師)、玉三郎(お梶)ほか
 江戸の洒落っけたっぷりの名作舞踊を、勘三郎と玉三郎の競演で楽しめた。玉三郎の美しさにはため息が出るほど。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へにほんブログ村
人気ブログランキングに参加中。
良かったら、上のバナーをクリックしてください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初春大歌舞伎 酔狂日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる