酔狂日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィスキーはお好きですか -山崎蒸留所-

<<   作成日時 : 2010/12/07 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あなたは、ウィスキーはお好きですか。私が普段飲むアルコール類は、日本酒かビールが多いのだが、たまにはウィスキーが飲みたくなるときもある。そして、どうせ飲むなら美味しいウィスキーがいい。たとえば、それがサントリー山崎の12年だったら最高だ。

昨年、国産高級ウィスキーの代表ともいえるサントリー山崎の山崎蒸留所を見学する機会に恵まれた。山崎には、この蒸留所のほか、プレミアム・モルツを造っているサントリービール工場もある。それだけ、美味しい地下水に恵まれた土地柄なのだろう。

画像

山崎蒸留所の蒸溜室には大小様々な形をした銅製の蒸溜釜が並んでいる。山崎はオールモルトウィスキーだが、同じモルトといっても単一のモルトではなく、さまざまなモルトを組み合わせて、より美味しい原酒をつくりあげている。ここでは世界でも稀な蒸溜設備を持ち、加熱の方法、形状の違う蒸溜釜を使い分け、ライトなものからヘビーなものまでタイプの異なるさまざまなモルト原酒をつくり分けているそうだ。

画像

何千・何万という樽が静かに熟成の時を待つ貯蔵庫。モルト原酒は、樽の中で眠るあいだに木の成分が溶け出し、ウイスキー特有の琥珀色や深い香味が生まれる。山崎ではオーク材、形状、サイズの異なる樽を使い分けているが、その中には北海道産のミズナラ樽もある。日本固有の香木が独特な熟成香をモルト原酒にもたらし、海外からも注目が集まっているそうだ。

ここには山崎蒸留所で最初に蒸留された1924年産の樽もある。実に90年近くの歳月がここで育くまれたことになる。私が生まれた1957年産のものもあった。そんなウィスキーを飲んでみたいものだが、商品化されることはあるのだろうか。

画像

貯蔵庫には、4年ものと、12年ものの樽が中身を比較できるように置かれていた。時の経過とともに、ウィスキーの色や量が変化することが良くわかる。

画像

工場内にあった地下水が湧き出る場所。この水の透明度の高い美しさには感動した。この水から造られるウィスキーだもの、まずかろうはずがない。山崎は普段飲むにはちょっと高すぎて気がひけてしまうが、年末などに、この一年の頑張りをねぎらう酒としてはふさわしい選択である。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へにほんブログ村
人気ブログランキングに参加中。
良かったら、上のバナーをクリックしてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィスキーはお好きですか -山崎蒸留所- 酔狂日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる