アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「花・紅葉」のブログ記事

みんなの「花・紅葉」ブログ

タイトル 日 時
太平川堤の花見
太平川堤の花見 秋田市内の桜の名所、太平川堤を花見散歩しました。少し寒かったものの、好天に恵まれ、気持ちの良い花見でした。ここの良さは、あまり広くない川幅の両岸に、びっしりと覆いかぶさるように桜が植えられていることです。そのため、とてもボリュウム感あふれる桜を堪能できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 20:55
刺巻湿原の春
刺巻湿原の春 水芭蕉の群生地、刺巻湿原に行ってきました。花の時期になると毎年のように行っている場所ですが、角館の桜や西木のカタクリが少し早かったせいか、今日はとても賑わっていました。とくに自撮り棒で写真を撮っている中国からのお客様グループが目立ってました。秋田の観光地にもインバウンドが来てるんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 20:15
月山に登る
月山に登る 夏休みを取った8月12日、以前から登りたかった山形県の月山に初めて登った。山頂は月山神社となっていて、その下に山頂小屋がある。さすが信仰の山である。山頂周辺は花も豊富だが、目当てのクロユリは残念ながら時期が終わっていたようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/11 22:44
雨の中の鳥海山登山
雨の中の鳥海山登山 海の日の3連休は、雨の予報が続き、あまり天気が良くなかった。唯一、晴れの予報だった7月20日の海の日に鳥海山に登った。この時期、7合目の御浜小屋がある鳥海湖周辺は、一面にニッコウキスゲが咲き、お花畑となる。鳥海山でもっとも美しい光景だ。ところが、この日も天気はあまりよくなく、鳥海山は霧の中に隠れてまったくみえない。御浜小屋前から、鳥海湖を望むも数メートル先までしか視界が利かず、あたりは白い霧の中に包まれていた。それでも花の美しさは格別で、白い霧の中幻想的な美しさを醸し出していた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/03 20:12
千沼ヶ原
千沼ヶ原 乳頭山登山の魅力は、無数の池塘に囲まれた千沼ヶ原にあるといっても過言ではない。乳頭山頂から往復3時間の行程だが、乳頭山に登ってここに行かないという選択肢は、私には考えられない。それだけ魅力あふれる高層湿原である。この日は天気が良く、岩手山の山頂がよく見えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/07 21:31
乳頭山から笊森山への縦走路
乳頭山から笊森山への縦走路 乳頭山と秋田駒ヶ岳、そしてニッコウキスゲ。乳頭山は見る場所によって様々な山容を見せてくれる。乳頭山頂から笊森山へと続く縦走路を下りた場所から見る山容は、ちょうど二つの乳房のように見える。乳頭とは、ここからつけられたのかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/07 21:31
丸池様と牛渡川の清流
丸池様と牛渡川の清流 そろそろ梅花藻(バイカモ)が見頃になっているのではないかと当たりをつけ、山形県遊佐町吹浦の丸池様と牛渡川に行ってみた。丸池様は相変わらずの美しさで、水の青さといい、その透明度といい、さすが鳥海山の伏流水だけを水源とする池である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/31 22:09
アジサイ寺 雲昌寺
アジサイ寺 雲昌寺 男鹿市北浦にある雲昌寺は、梅雨の時期になると境内がアジサイで真っ青に染まるアジサイ寺である。ここの副住職、古仲宗雲氏が10年ほど前から株分けして育て、1000株を超えるほどになったそうだ。今年になって、テレビ局や新聞各紙で報道され、多くの花見客を集めるようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/30 20:14
桑ノ木台湿原
桑ノ木台湿原 鳥海山3合目付近に広がる桑ノ木台湿原は、一面がレンゲツツジのオレンジ色で彩られ、背後に雄大な鳥海山が眺められる絶好のビュースポットである。例年、6月中旬に見頃を迎えるレンゲツツジだが、今年は花の開花が早く、5月中に咲き始めた。その開花に合わせるように、祓川登山口に向かう車道脇の駐車場から桑ノ木台湿原までの無料シャトルバスが、5月30日から運行が開始された。その初日、天気は快晴だったので、矢も盾もたまらず駆けつけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/18 21:02
鳥海高原の菜の花
鳥海高原の菜の花 鳥海高原の桃野地区の菜の花畑は、雪の残る鳥海山をバックに美しい風景を醸し出してくれるので、写真愛好家には人気のスポットである。毎年、5月末の週末に、「菜の花まつり」が開催されるのだが、今年は花の開花が早く、まつりの前に見頃を迎えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/30 20:07
花の千秋公園を歩く
花の千秋公園を歩く 千秋公園は、江戸時代に秋田を治めた佐竹氏の居城跡である。ここは、桜の名所として知られるが、桜の季節以外でも四季折々の花が楽しめる。最近は、千秋公園の桜の衰退が著しく、むしろ桜の後のツツジをメインに花見を楽しむ人も多い。ただ、ツツジは種類が多く一斉に花を咲かせることがないため、豪華さには欠けるが、その分長い期間楽しめる花である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/30 20:06
男鹿半島のオオサクラソウ
男鹿半島のオオサクラソウ 春の男鹿の山は花の宝庫である。とくに毛無山山頂付近に咲く「オオサクラソウ」は男鹿の山を代表する花といってよい。しかし、近くまで自衛隊敷設道路が通じているためか、盗掘が多くその数が著しく減少している。群落地にはロープを張って人が入れないようにしているが、それでも盗掘する人がいるのだろう。山の花は、山で見るから美しいのである。どうか、盗掘はやめてほしいものだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/29 20:19
深大寺
深大寺 神代植物園に行ったら、その隣にある深大寺にも是非行きたいところだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/09 20:23
神代植物園
神代植物園 5月の連休、孫の初節句祝いで埼玉に行ったついでに、神代植物園に行ってみた。広大な面積の園内に四季折々の花が沢山植えられていた。1年中楽しめそうな場所である。とくに、バラ園は広く見事で、何でも東洋一のバラ園なんだそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/02 21:18
冬師湿原
冬師湿原 にかほ高原の冬師湿原からみた鳥海山の雄姿。ここから見る鳥海山も美しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/29 21:35
きみまち阪で花見
きみまち阪で花見 能代市二ツ井の「きみまち阪」は、秋田県内の花見の名所だが、これまで行ったことがなかった。今年は、秋田県内の桜の開花が早く、多くの花見スポットがゴールデンウィーク前に満開になってしまった。そこで、開花が遅い県北のきみまち阪に行ってみると、まさに満開でちょうど見頃だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/24 21:36
多宝院の枝垂桜
多宝院の枝垂桜 大潟村で桜と菜の花ロードで桜と菜の花の競演を堪能したあと、能代市桧山の多宝院に向かった。江戸時代、桧山城代を務めた多賀谷氏の菩提寺である。この寺には、形のよい枝垂桜がある。例年なら、5月の連休明けに見頃を迎えるのだが、今年は大型連休前の4月26日には、すでに見頃を迎えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/17 20:18
桜と菜の花ロード
桜と菜の花ロード 大潟村のほぼ中央を横断する道路の両脇には、11キロにわたって菜の花と桜が植えられている。今年は桜の開花が早かったので、ちょうど花の見頃が重なった。菜の花と桜が一斉に咲く風景は、それは見事である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/13 21:15
おしら様の枝垂れ桜
おしら様の枝垂れ桜 角館で桜を見、西木でカタクリを見たあと、田沢湖経由で湯沢市横堀のおしら様の枝垂れ桜を見に行った。何ともすごいハードスケジュールである。田沢湖から横手までは、初めて広域農道の「みずほの里ロード」を通った。信号もなく快適な道路だった。途中、横手公園の手前の高台で鳥海山が綺麗に見える場所があった。あとで、ゆっくりと訪れてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/01 21:43
仙北市西木町の「かたくり群生の郷」
仙北市西木町の「かたくり群生の郷」 角館で花見をしたあと、西木のカタクリの郷に行った。角館からだと車で15分ほどで行ける。花の時期が重なるので、角館の桜とセットで楽しめる場所だ。いや、ここだけでも角館に勝るとも劣らない素晴らしいところなのだが、角館ほど人が集まらないのが不思議である。それでも、この日駐車場に停められていたのは県外ナンバーの車がほとんどだった。秋田県民よりも、むしろ県外の人たちに人気の場所である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/01 21:42
角館桧木内川堤の花見
角館桧木内川堤の花見 今年の角館の桜は、平日の4月22日ごろにちょうど満開を迎えた。週末までもつかどうか不安を覚えながら、25日の土曜日朝早く角館に花見に出掛けた。花見の時期の週末は、駐車場に車も置けないほどの大渋滞に見舞われる角館なので、行くなら朝早くに限る。この日も7時半前には角館に着いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/01 21:42
角館武家屋敷の枝垂桜
角館武家屋敷の枝垂桜 今年の桜は開花が早い。角館の花見は、いつもの年なら、ゴールデンウィークの頃(4月下旬〜5月上旬)なのだが、今年は10日も前の4月19日に一部の枝垂桜が満開になっていた。ここは、樺細工伝承館前の枝垂桜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/29 22:04
刺巻湿原の水芭蕉
刺巻湿原の水芭蕉 仙北市刺巻湿原は、水芭蕉の大群生地である。国道46号沿いの交通至便の場所にあって、これほどの水芭蕉が咲き誇る自然豊かな場所を、私は他に知らない。JR田沢湖線の刺巻駅からも1キロほどの場所にあって、歩いて行くこともできる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/29 21:46
太平川堤の桜
太平川堤の桜 秋田市内の桜の名所といえば誰もが千秋公園を真っ先に思い浮かべることだろうが、花の美しさからすると牛島・楢山地区を蛇行しながら流れる太平川堤に植えられた桜が一番だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 22:19
勢至公園で花見
勢至公園で花見 秋田県内でもっとも早く桜が開花する、にかほ市金浦の勢至公園。いち早く春の訪れを体感するため、毎年出掛けている。今年は先週にはすでに開花したとの報道があったので、ちょうど今週には見頃になるだろうとの希望的観測のもと、秋田市から1時間かけて行ってみた。全体的にまだ蕾のままの花が多かったが、日当たりの良い場所に咲く桜は見頃になっているものもあった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/13 20:13
菅原神社と梅の花
菅原神社と梅の花 秋田市八橋にある梅の名所といえば、菅原神社である。毎年、梅が開花すると、地元紙で報道されるので、訪れる人も多い。ここの梅は、今年は3月中旬から咲いていたので、もう遅いかと思っていたら、梅の期間は長いので、まだまだ十分楽しめる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 21:04
日吉八幡神社と梅の花
日吉八幡神社と梅の花 秋田市八橋の日吉八幡神社は八橋運動公園内にあって誰もが気軽訪れることのできる神社だが、春の訪れを告げる梅の花も綺麗な場所である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 20:58
浜田梅林園に梅が咲く
浜田梅林園に梅が咲く 浜田梅林園は小高い丘の上にあるため、例年だと秋田市内に桜が咲く4月下旬に見頃を迎えるのだが、今年は思いのほか開花が早く4月4日には日当たりのよい場所にある梅が咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/10 20:48
珠林寺の花々
珠林寺の花々 クリスマスローズに混ざって咲く、キクザキイチゲ。珠林寺界隈はクリスマスローズの他にも、野山に咲く自然の花が沢山生えている。本来、ここは野山の花の宝庫だったのではないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 20:37
クリスマスローズの里 −珠林寺−
クリスマスローズの里 −珠林寺− 秋田市下浜の珠林寺は、クリスマスローズの里として売り出している。珠林寺本堂の裏手から、金比羅神社前に至る斜面一帯に様々な種類のクリスマスローズが植えられている。ちなみに私は去年からここに通い始めたのだが、毎年植栽の場所が広がっているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 20:17
早春の三崎公園
早春の三崎公園 秋田県内でもっとも早く春が訪れる三崎公園。吹浦の丸池様に行ったついでに、ここにも立ち寄った。スプリング・エフェメラルのミチノクエンゴサクとキバナノアマナが沢山咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/05 20:04
能登山の椿 −椿自生北限地帯−
能登山の椿 −椿自生北限地帯− 男鹿半島の椿漁港に、能登山という全山がヤブツバキに覆われた小丘がある。本来、ヤブツバキは暖地に自生する植物で、このようにまとまって自生している場所としては日本海側の北限にあたることから、青森県の夏泊半島とともに国の天然記念物に指定されている。平成6年から7年の調査では、総個体数が573本で、昭和57年調査時の492本よりも増えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/02 20:25
男鹿半島門前五社堂界隈の花々
男鹿半島門前五社堂界隈の花々 今年は春の訪れが早い。そこで、一足早く春の花を探しに、男鹿半島に出掛けた。男鹿半島は、暖流の影響で、県内でも一二を争う暖かさを誇る。とくに花の多さでは、門前五社堂周辺をおいて他にない。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/01 20:35
湯島天神梅まつり
湯島天神梅まつり 二人の孫の、3歳の誕生日と100日目のお食い初めのお祝いに駆け付けるため、土曜日朝一の秋田新幹線で上京した。お祝いの会は翌日の日曜日だったので、土曜日は妻とともに梅祭りが開催されているという、湯島天神に出掛けてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/16 20:30
河辺ヤマユリの里
河辺ヤマユリの里 秋田市河辺町岩見三内にヤマユリが自生する林がある。ヤマユリは、県内では普通に見られる野草だったが、人気のある花で採掘する人が多いせいか、最近は自生する場所が少なくなってきている。そんな中、個人所有の林に700本余りのヤマユリが咲き誇る場所があると聞いて、早速出掛けてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/26 20:54
美郷町ラベンダー祭り
美郷町ラベンダー祭り 美郷町の旧千畑町地区はラベンダーを売りにしているのだが、そのラベンダーは千丈木公園の奥の小高い大地に植えられている。毎年6月下旬から7月上旬にかけて、ラベンダー祭りが開催されているが、この時期は高山植物の最盛期でもあり、これまでは登山することが多く、しばらくはこのラベンダー園を訪れることもなかった。それが、頭の怪我を契機に、またラベンダーを見に訪れるようになった。要は、花が好きなのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/05 20:35
浅舞公園あやめ祭り
浅舞公園あやめ祭り 横手市平鹿町の浅舞公園で開催されている「あやめ祭り」に行った。とても暑い日だったが、多種類の色とりどりなあやめが沢山咲いていて、とても良かった。調子に乗って、写真をバチバチ撮ったのだが、迂闊にもパソコンにデータを移すとき、誤ってすべてのデータを消去してしまった。リカバリーソフトを使って、データ回復を試みたのだが、この写真だけ回復することができた。逃した魚は大きいというが、まさにその心境である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/28 20:34
長走風穴
長走風穴 大館市北部、青森県との県境に程近いところにある「長走風穴」は、天然の冷蔵庫である。中でも2号倉庫は、とりわけ冷たく、入口はるか手前に立っただけで冷気が感じられる。入口付近の空気も冷やされ、霧状の水蒸気となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/21 21:32
石田ローズガーデン
石田ローズガーデン 大館市の石田ローズガーデンは、国会議員だった故石田博英邸の庭園である。今は大館市が管理しており、毎年数多くの種類のバラが花を咲かせ、多くの見物客を集める大館市の主要イベントの一つとなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/21 20:51
大沼公園のカキツバタ
大沼公園のカキツバタ 仙北市田沢湖町神代にある大沼は、野生のカキツバタが群生することで知られている。以前から、花の最盛期に見てみたいものだと思っていたが、地元紙に記事が掲載されていたのを見た週末、早速車で駆けつけてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/14 20:57
大仙市協和の菜の花畑
大仙市協和の菜の花畑 大仙市協和町淀川地区の丘の上に、菜の花を栽培している農園の畑がある。そこの菜の花が見頃を迎えたという記事が地元紙に掲載されていたのを見て、早速行ってみた。栽培面積としては、同じ秋田県内にある鳥海高原桃野地区の菜の花畑の方がはるかに広く、鳥海山を背景とした景観も雄大で、とてもそこにはかなわないが、ここの菜の花畑も結構見応えはあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/24 20:46
千秋公園のツツジ
千秋公園のツツジ 秋田市中心部に位置する千秋公園は、秋田藩主佐竹氏の居城(久保田城)跡である。桜の名所として知られるが、桜よりもむしろツツジの方が綺麗だという人は多い。自宅からこの千秋公園まで歩くと約40分。公園内を散策し、往復するとちょうど1万歩くらいとなり、休日の運動不足を解消するにはもってこいである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/17 20:17
大滝山公園
大滝山公園 秋田市郊外の大滝山公園は、滝あり、温泉あり、池ありと自然豊かな場所である。近年の豪雨災害により道路被害を受け、その後の補修工事がままならない所もあるが、自然に親しむ憩いの場として格好の場所である。何と言っても、ここのメインは、道川大滝だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 21:01
秋田市植物園
秋田市植物園 秋田市郊外の仁別地区には、ザ・ブーンやスキー場、グランドゴルフ場、森林学習施設、キャンプ場など秋田市の様々なレクレーション施設が整備されているが、秋田市植物園もその中の一つである。花の撮影が好きな私は、以前良く訪れていた場所だが、今回久しぶりに訪ねてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 20:32
日本国花苑の桜
日本国花苑の桜 能代市の多宝院で枝垂れ桜を観賞したあと、秋田市の自宅に帰る途中、井川町の国花苑に立ち寄った。桜の名所というと、ソメイヨシノが植えられていることが多く、その他でも枝垂れ桜に留まっていることがせいぜいだ。しかし、ここ国花苑は多種多様な桜が数多く植えられており、開花期間も長いため桜を楽しめる期間もその分長いことが特長である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/06 21:15
能代市桧山の風景
能代市桧山の風景 能代市桧山地区の道路を車で走っていると、路傍の風景で目に鮮やかなショッキング・ピンクの花が目に留まった。思わず、車を止めて近くまで歩いてみると、それはハナモモの花だった。花の脇を流れる堰の風景といい、絵になる景色である。このような何気ない日常の風景の中に、秋田の美しさが潜んでいるのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/06 20:08
能代市多宝院の枝垂桜
能代市多宝院の枝垂桜 昨年に続いて、今年もまた能代市桧山地区にある多宝院の枝垂桜を見に来た。今年は、ちょうど満開の時期にあたり、まさに今を見頃に咲き誇っている桜に出会うことができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/06 20:06
春の西滝沢水辺プラザ
春の西滝沢水辺プラザ 旧西滝沢小学校は、今は西滝沢水辺プラザとして市民憩いの場に整備されている。小学校はすでに取り壊されて、新たな施設が建築されているが、グランドやその周囲に植えられたソメイヨシノは当時のままである。近くを子吉川が流れ、子どもたちが水遊びできるようになっているのだが、雪解け水を集めているせいだろうか、川の流れが思いのほか早く、ここで子どもたちだけで遊ぶのは、ちょっと危険だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/29 19:59
桜咲く前郷駅
桜咲く前郷駅 前郷駅は、旧由利町の中心部に位置する駅で、鳥海山麓線の途中駅では、唯一の有人駅である。ここでは、上下線の列車がすれ違うとき、昔ながらのリングの交換が行われている。運転士と駅員が交換する様子もまたこの駅の見所の一つである。下り線ホーム脇に咲くソメイヨシノが綺麗だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/29 19:58
旧鮎川小学校に春がきた
旧鮎川小学校に春がきた 由利高原鉄道鳥海山麓線沿線には、桜の見所が多い。是非、その桜を是非ともカメラに納めたいものだと思い、4月29日に由利高原鉄道を訪ねてみた。最初に訪ねたのは、国登録重要文化財の旧鮎川小学校。ちょうど、グランドには鯉のぼりが飾られていた。ちょうど、2両編成の下り列車が通過した。この通過時間に合わせて、鯉のぼりを張り直す人たちの姿があった。乗客に美しい小学校の校舎と鯉のぼりを楽しんでもらうための粋な計らいである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/29 19:57
仙北市西木町かたくり群生の郷
角館の花見のあと、向かったのが、旧西木村のかたくり群生の郷である。ここには、何度も訪れているが、一度も満開のかたくりに出会ったことがなかった。今回こそは、という思いで行ってみると、まさにこの日しかないという咲き具合で大、大、大満足。これだけ大きな花が密生した状態で咲くカタクリの花は圧巻である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/27 19:58
角館の花見
4月27日の角館伝承館前の枝垂れ桜。全般的に、角館の桜はまだ少し早かったが、ここの枝垂れ桜は満開だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/27 19:44
千秋公園で花見
NPO法人あきたシニアクラブの花見が千秋公園で行われた。花見といっても、千秋公園に集合するだけで、実際は場所をエリアなかいちの御厨光琳に移して、窓もない部屋での食事会だったので、花を見る機会は集合前しかなかったのだが。表門をくぐって本丸に入った所から見た桜と太平山の組み合わせ。定番の風景だが、この組み合わせが一番美しい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/26 21:32
太平川堤の桜並木
秋田市内の桜の名所の中で、私の一番好きな場所は、太平川堤の両岸に咲く桜並木である。とくに、圧巻は、最近開通した愛宕下橋の上から、下流側を望む景色。秋田県内では、角館の桜がつとに有名だが、それに勝るとも劣らない、素晴らしい風景だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/26 21:13
春の刺巻湿原
角館の桜や西木のカタクリにはまだ早いが、刺巻湿原の水芭蕉が見頃かもしれないと思い、田沢湖まで足を伸ばした。思った通り、見事なまでの水芭蕉の群生を見ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 20:51
浜田梅林園
秋田市浜田の梅林園で、もっとも早く花を咲かせるのが、このショウジョウバカマという山野草である。このショウジョウバカマの記事も、秋田魁新報に掲載されていた。大体、ボクの花の情報源は魁新聞である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/20 19:45
花の珠林寺
珠林寺は、クリスマスローズだけではなく、自然の山野草も沢山生えていた。何も、クリスマスローズで売り出さなくても、花の寺として十分通用する実力を備えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/20 19:38
クリスマスローズの里 −珠林寺−
秋田市下浜の珠林寺という寺が、クリスマスローズの里と呼ばれているのを、今回初めて秋田魁新報の記事で知った。クリスマスローズは根強い人気を誇る花ではあるが、それほど派手な花ではない。そのクリスマスローズが、これほど広い面積に沢山植えられているのはあまり聞いたことがない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/20 19:20
西目ハーブワールド通りの花見
由利本荘市西目町のハーブワールド通りは、菜の花と桜の組み合わせて花見が行われるところだが、この日は残念ながら菜の花が咲いていなかったので、桜単独の花見となった。年々、菜の花の栽培面積が小さくなっているように思うのだが、どうしてなのだろう。以前は、菜の花の迷路なども行われていたのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/19 20:54
三崎公園の花見
秋田県と山形県の県境にまたがる三崎公園。先週に続いて、2週連続の訪問である。先週来た時は桜が咲いていなかったが、勢至公園の桜に合わせるように、三崎公園の桜も見頃になっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/19 20:40
勢至公園の花見
秋田県内でもっとも早く桜が咲くのが、にかほ市金浦町の勢至公園。桜の便りが聞かれるようになると、いち早く花見がしたいので、毎年のように勢至公園に花見に出かけることになる。これも、桜好きの日本人としては、致し方ないことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/19 20:31
三崎公園
秋田県にかほ市と山形県遊佐町にまたがる、県境の公園「三崎公園」。公園の中には灯台や、旧街道の一里塚などがあり、昔からの海陸両方の交通の要所だった場所である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/13 20:03
金峯神社 −奈曽の白瀑−
にかほ市象潟町の金峯神社は、国名勝に指定されている「奈曽の白瀑」がある神社であるが、毎年6月には、国の重要無形文化財の「小滝チョウクライロ舞」が行われる場所でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/13 19:50
金峯神社界隈 −福寿草が咲く丘−
春の訪れを告げる花、福寿草。県内には、いくつか群生地があるが、にかほ市内には、よく知られる金浦町大竹地区のほかにも、象潟町小滝地区、奈曽の白滝がある金峯神社の近くにも、福寿草の群生地がある。ここは、鳥海山ブルーライン沿いにあり、雪をかぶった鳥海山が眼前に広がる隠れた名所である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/13 19:35
達谷巌毘沙門堂2
姫待不動堂と鐘楼。苔むした茅葺屋根の不動堂がとりわけ美しい。この屋根は、毛越寺の常行堂の屋根とよく似ている。同じ平泉の寺院で相通じるものがあるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/11 21:56
達谷巌毘沙門堂1
毛越寺から厳美渓に向かう途中にあるのが、達谷巌毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)という岩窟。創建は坂上田村麻呂がアテルイを制圧し勝利した記念というから、1200年以上も前の話だ。平泉で最も古い部類の寺院である。火災のたびに建て替えられ、現在の建物は昭和36年に再建されたもので、創建以来5代目に当たるそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/11 20:14
紅葉鮮やかな毛越寺4
大泉ヶ池ほとりのモミジ。池の水を背景に、モミジの枝振りと色づく葉の美しさが際立つ1枚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/10 20:56
紅葉鮮やかな毛越寺3
常行堂とモミジ。茅葺屋根の常行堂と色づくモミジの絶妙な組み合わせ。美しさここに極まれり、といった風情である。現常行堂は、享保17年(1732年)に再建された建物で、本尊は宝冠阿弥陀如来。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/10 20:53
紅葉鮮やかな毛越寺2
開山堂隣の真っ赤に色づいたモミジ。この鮮やかさはどうよ。開山堂は、毛越寺開山慈覚大師が祀られるお堂。他に両界大日如来像、藤原三代の画像が安置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/10 20:18
紅葉鮮やかな毛越寺1
平泉観光といえば国宝金色堂のある中尊寺が中心となるのは当然だが、どうせなら毛越寺もセットで楽しみたい。夏に来たときは、中尊寺と比べると、特長もなく、あまり面白味のない場所だと思ったものだが、紅葉の時期に来て、初めて毛越寺のよさがわかった。ここの紅葉は、とにかくすごい。どうやら、毛越寺は季節を選ぶようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/10 20:14
秋の中尊寺2
夏に来たときは、平日だったこともあって、観光客もそれほど多くはなかったが、今回は、紅葉シーズンの土曜日とあって、すごい人出であった。さすが世界遺産の平泉中尊寺。それでも、秋田から高速を使うと2時間弱で行けるという気軽さは、混雑もあまり苦にならなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/09 20:58
秋の中尊寺1
世界遺産の中尊寺。夏に行ったとき、境内にモミジが多かったので、紅葉する頃にはさぞかし綺麗になるだろうと、狙いをつけていた。問題は、その時期がいつかということ。とりあえず、11月中旬に照準を定めた。果たして、中尊寺の紅葉は少し早かったようだが、金色堂付近の日の当たる場所のモミジは、色づいている木も見られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/09 20:22
紅葉する法体の滝2
法体の滝は、滝壺のある下部から眺めると三の滝しか見ることができないが、吊り橋を渡り、玉田渓谷へと続く登山道を少し上ると、滝全体を見渡せる場所がある。法体の滝に来たならば、せめてこの見晴台まで登ることをお薦めする。ここから見る法体の滝は絶景である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/02 20:14
紅葉する法体の滝1
11月初旬の晴れた休日。紅葉を求めて、鳥海山の麓に位置する、法体の滝に出掛ける。法体の滝の手前、稲を刈り取られた田んぼの向こうに、山頂付近にほんわかと雪をかぶった鳥海山が綺麗に見える場所があった。絶好のロケーション。雪をかぶった鳥海山、紅葉に色づく里山、収穫の終わった田んぼが絶妙の配置を織りなしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/02 19:35
秋田国際ダリア園
秋田市雄和にある国際ダリア園。数多くの種類のダリアが栽培されている。父が存命のころ、ここに連れて来たことがあった。父はあまり歩けなくて、ベンチに休んでいることが多かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/29 21:10
ハスの花咲く千秋公園
全編秋田市でロケが行われた「遠くでずっとそばにいる」という映画が今年公開された。その映画のなかで、効果的に扱われているのが千秋公園のハスの花である。映画の原作者も、千秋公園でハスの花をみて、映画のイメージを描いたのだとか。毎年のように見ている千秋公園のハスの花だが、このハスにそんな力があったとは驚きである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/10 20:39
ひまわり畑
由利本荘市西目の道の駅の隣にある畑には、春は菜の花、夏はひまわりが植えられ、観光客の集客に一役買っている。近くには観光施設の「ハーブワールド秋田」もあり、由利原高原などの観光とセットで楽しむには最適のエリアだ。この日も、南由利原高原でユリの花を見たあと、西目に下りて来て道の駅で食事をするついでに、隣のひまわり畑も楽しんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/06 20:42
南由利原高原のユリ畑
南由利原高原のユリが見頃になったという記事が新聞に載っていた。南由利原は季節に応じて、様々な花が楽しめる場所だ。春は菜の花、夏はユリ、秋はコスモスがよく知られているが、他にも水芭蕉やミツガシワ、レンゲツツジなどの自然の山野草も豊富である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/05 21:04
翠雲公園のアジサイ祭り
北秋田市合川町の翠雲公園は、沢山のアジサイが植えられていることで知られている。ちょうど、アジサイ祭りが開かれているというので、花見に出掛けてみた。アジサイ祭りといっても、テントに地元の人がおやきやトウモロコシを売っているくらいのもので、屋台や出店が出ているわけでもなく、何とも地味なまつりであった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/01 21:04
千秋公園とツツジ
NPO法人あきたシニアクラブの月例会がジョイナスで開かれたので、ついでにツツジ見物と決め込んで千秋公園内を散策した。今年は、桜に限らず花全般が遅いようで、ツツジも白系の花はまだ蕾のままだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/25 22:00
ブルーメッセ秋田
ブルーメッセ秋田は、温室内に咲く花々の展示がメインの施設だが、春の季節は外に植えられているチューリップもまた見事である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/18 22:13
井川国花苑の桜2
「この木何の木、気になる、気になる〜。」「日陰で涼しいネ、ここで休もうよ、お母さん。」「見てご覧。後ろで、ゴリラも見ているよ。」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/18 21:42
井川国花苑の桜1
井川町の日本国花苑は、文字通り、桜の百貨店である。桜の名所と呼ばれる場所は、桜の中でもソメイヨシノが中心になるのだが、ここでは、ソメイヨシノはむしろ脇役で、多種類の八重咲きの桜がメインとなる。そのため、開花時期が遅く、花の咲いている期間が長いのが特長である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/18 20:58
多宝院と桜
能代市檜山にある多宝院の枝垂れ桜は、毎年のように魁新聞に掲載されていている。その記事を見る度に、一度見に行きたいと思っていたのだが、これまではなかなか見る機会がなかった。幸いにも、今年は多宝院の桜の開花が遅れ、他の地域で花見が終わったあとやっと見頃になったため、念願かなって見ることができた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/18 20:02
萬松寺のシダレザクラ
萬松寺のシダレザクラも私の大好きな一本桜だが、今年は花芽のつきが悪く、よく見るとこれで満開状態だ。午前中晴れていた天気も曇ってきて、誠に冴えない残念な写真になってしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/12 21:55
角館の花見
湯沢でおしら様の枝垂れ桜を見た帰り道、少し遠回りになるが角館を経由してみることにした。桜の名所角館も、今年は連休中には桜が咲かず、連休明けに見頃を迎えたのだが、さすがに5月12日には見頃を終えていた。それでも、随所に見頃の桜はあるもので、外町資料館たてつの庭に咲く紅枝垂れは綺麗な花を咲かせていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/12 21:46
おしら様の枝垂れ桜
2年ぶりに見る湯沢市雄勝町のおしら様の枝垂れ桜。今年は、4月になって冬のような寒さが続いたため、開花が大幅に遅れ、大型連休中はつぼみのままだった。そのため、満を持して連休後の日曜日(5月12日)に訪れてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/12 21:32
再び、刺巻湿原へ
八津のカタクリを見たあと、2週間前に訪れた刺巻湿原に再び行ってみた。水芭蕉は、さすがに少し葉っぱが成長していたが、湿原には前回よりも多くの花が咲いていた。今年は寒い日が続いたせいか、長い期間水芭蕉が楽しめるようだ。桜には散々の寒さだったが、水芭蕉には良かったのかもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/05 21:32
カタクリ群生の郷
大型連休後半も毎日雨の日が続く。連休中、唯一晴れの予報だった5月5日の日曜日は、角館の花見を計画していたのだが、結局は時折雨模様のすっきりしない天気だった。それでも、一日くらいは花を見に遠出したいじゃないですか。ということで、仙北市方面に出掛けたが、角館の桜はまだ咲いていなかったので、西木村八津のカタクリ群生の郷まで足を伸ばしてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/05 21:01
太平川堤の桜2
太平川は、それほど広くない川の両岸に延々と桜の花が咲いている。これほどの場所は、秋田県内でもあまりないのではないか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/04 21:25
太平川堤の桜1
連休も後半になって、やっと秋田市内の桜も見頃になってきた。しかし、いかんせん天気がよくない。GW期間中、こんなに雨の日が続くのは珍しいのではないか。しかも、とても寒いので、花見をしようなどという気にならない。だが、それも寂しいので、雨の合間をぬって、傘を片手に桜の名所でもある近くの太平川堤を散策した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/04 21:12
西目ハーブワールド通り
浜館公園の後は、西目の道の駅で昼食をとった。レストランが満員で待ち時間が長そうだったので、立ち食い蕎麦屋さんの天ぷらそばを、椅子に座っていただいた。西目の道の駅といえば、ハーブワールド通りの桜並木である。ここは、菜の花のセットで見られるのが売りなのだが、今年はまったく菜の花が咲いていなかった。今年はとくに桜の開花が遅かったが、菜の花も同じように開花が遅れている。こんな年もあるのだ。自然だからやむをえないが、やはり残念である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/30 21:03
浜館公園
浜館公園は、秋田県の中でも桜の名所といっていいだろう。ここを初めて知ったのは、確か写真雑誌の桜特集だったように思う。そこに写っていた山一面に広がる桜の美しさと、背景の鳥海山の雄大さに惹かれて、いつかこんな写真を撮りたいと毎年のように通いつめているのだが、なかなか桜の最盛期に出会うことができない。今年も、勢至公園に出掛けたついでに浜館公園に寄ってみたのだが、桜がほとんど咲いていない。よくみると、花は開いているのだが、花の数が圧倒的に少ないのだ。今年は各地で野鳥のウソに花芽を食べられる被害にあっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/30 21:01
勢至公園の花見2
勢至公園は、竹嶋潟と観音潟の二つの池の周囲を中心に桜が植えられている。しかしながら、その二つの池が国道7号に分断されているため、あまり一体性は感じられないのが残念といえば残念である。竹嶋潟のほうは、大型駐車場が整備され、白瀬南極記念館や大型遊具、TDKスポーツセンターなどもあって、公園として近代的な雰囲気があるが、純粋に桜を観賞して楽しむなら、むしろ観音潟のほうが、桜の質やボリウムからみていいだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/29 21:33
勢至公園の花見1
ゴールデンウィークを迎えたというのに、秋田市内の桜は一向に咲こうとする気配をみせない。いったい、今年の春はどうしちゃったんだろう。それでも、連休期間中、唯一天候に恵まれた4月29日昭和の日に、桜を見たくて、秋田県内でもっとも早く桜が咲く、にかほ市金浦の勢至公園に出掛けた。さすがにここでは、雪をかぶった鳥海山を背景に、満開の桜を見ることができた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/29 21:14
刺巻湿原の水芭蕉
仙北市田沢湖町刺巻の湿原に咲く水芭蕉の群生。仙北市は、このほか、角館の桜、西木のカタクリが、4月中旬から5月上旬にかけて一斉に咲き誇り、毎年花を巡る観光客で賑わいをみせるところである。ところが、今年の春は、天候が不順で、冬のような寒さと冷たい雨の日が続き、一向に暖かくならない。この日(4月20日)、角館に所用があったついでに、刺巻湿原まで足を伸ばしてみたが、途中から雪が舞い散り吹雪き模様の天候になってきた。これはかなわないなと思いつつ、湿原に足を踏み入れると、至る所に雪は残るものの、見事に咲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/20 20:54
角館武家屋敷通りの秋3
石黒家の茅葺屋根とモミジ。角館の紅葉写真ではよく見られる構図だが、モミジの紅葉が最盛期のときに出会えるのが難しい。今回は、まさに絶好のタイミングで訪れることができた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/25 10:08
角館武家屋敷通りの秋2
角館の武家屋敷通りは、春の枝垂桜の花見で多くの観光客を集めるところだが、秋の紅葉もまた見事である。サクラの花見は見頃の時期が短いので、むしろ数多くの樹種の紅葉を楽しめる秋のほうが見頃が長くて期待を裏切らないかもしれない。ここは、角館小学校跡地から伝承館前の道路が直角に曲がったところ。城下町独特の道普請で、城の防御上の観点から、あえて真っ直ぐな道にしなかったものと思われる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/24 11:08
角館武家屋敷通りの秋1
大仙市の旧池田氏庭園とその分家庭園で紅葉見物をしたあと、せっかくなので角館まで足を伸ばしてみた。ほんの半日程度の日程で、これほどの紅葉の名所を回れるのは何て贅沢なことだろう。角館もまた見事なまでに木々が色づいていた。角館の良さは、樹種が多く、木々の色づき具合も千変万化で多様な色を楽しめること。そして、武家屋敷通りの黒塀や茅葺屋根ととてもよくマッチしていることにある。だから、どこを切り取っても絵になる。こんな美味しい場所はめったにない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/23 18:10
旧池田氏分家庭園の紅葉
国名勝に指定されている旧池田氏庭園から車で10分ほどの場所にある史跡払田柵跡の隣に、池田氏の分家庭園がある。ここも、国名勝に追加指定されているが、ここのモミジの紅葉の素晴らしさは本家以上である。燃えるように真っ赤に色づいた紅葉の林は、遠くからでもすぐに目に付き、道に迷うこともない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/20 20:06
旧池田氏庭園秋の公開3
池田氏庭園の中で、とりわけ有名なのが、日本最大級とされる石灯籠である。この石灯籠、かつては池の水の中に足を沈めていたらしいが、今は水から出ている。これが本来の姿だそうで、戦時中の食糧難の時代に、魚を飼うため水量が増量されたため、水嵩が増して、足が隠れるようになったのだとか。この池の周りのモミジも綺麗に色づいていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/19 13:14
旧池田氏庭園秋の公開2
洋館前のモミジも真っ赤に色づいている。ここは、かつて図書館として地域住民に開放されていたところだが、内部の老朽化が著しく、最近改修工事が行われたばかりだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/18 17:40
旧池田氏庭園秋の公開1
大仙市高梨にある旧池田氏庭園は、東北3大地主の一人と謳われた大地主の池田氏の邸宅跡である。毎年、春と秋の年2回一般公開されているが、今回は秋の一般公開に訪れてみた。公開最終日の11月11日だったが、天気もよく紅葉の最盛期にあたり、庭園内のモミジやイチョウなどの紅葉がとても綺麗だった。ここには何回も訪れているが、こんなに綺麗な紅葉に出会ったのは初めてのことである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/17 22:02
千秋公園の紅葉3
二の丸広場から胡月池に登る石段の脇にある大銀杏は、枝が大きく広がっていて実に姿形がいい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/16 21:14
千秋公園の紅葉2
本丸内にある与次郎稲荷神社。江戸時代活躍したと言い伝えのある飛脚、キツネの与次郎を祀った神社である。青空のもとで、大銀杏の黄色と赤い鳥居がとてもマッチしていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/15 20:25
千秋公園の紅葉1 -表門周辺-
秋田市中心部にある千秋公園は、江戸時代に秋田藩を治めた佐竹氏の居城跡である。春には、桜の名所として多くの花見客を集めるが、意外と知られていないのが秋の紅葉の美しさである。二の丸から本丸に登り、その入口にあるのが表門だが、そこに植えられているモミジは、最盛期には真っ赤に色づき、表門や番屋建物とよくマッチしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/14 20:45
水心苑の紅葉
県内各地から紅葉の便りが聞かれるが、休みとなる週末はあいにくの雨模様の天気。紅葉は晴天のときが、もっともよく映えるのだが、天気ばかりはいかんともしがたい。とりあえず遠出は避けて、秋田市内の回遊式庭園の水心苑に行ってみた。久しぶりの水心苑だったが、ここの紅葉が綺麗に色づいていてちょうど見頃だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/05 20:22
旭川ダムと植物園
旭川ダムサイトの上から上流を眺める。通常ダムに見られるダム湖と呼ばれるような湖はなく、単に二筋の川が合流して、その地点が堰き止められているだけのようだ。紅葉の最盛期には少し早かったが、それでも山々は綺麗に色づいていた。ダム公園に植えられているヤマモミジの紅葉もいいが、ダムの上から眺める景色もいいものだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/30 20:23
旭川ダム公園の紅葉
秋田市内の紅葉の名所の一つに旭川ダム公園のヤマモミジがある。ダムの堰堤を公園として整備した際、植栽されたものだけに、広さや本数はそれほどでもないのだが、真紅に色づいたときの鮮やかさは目を見張るものがある。私が、この場所を発見したのは、10年近くも前、紅葉見物に仁別国民の森に向かったときのこと。偶然、この旭川ダム公園の脇を通りかかったら、鮮紅色に色づいたモミジが目に飛び込んできて、思わず寄り道したのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/29 19:52
乳頭山の花 3
ミヤマダイモンジソウ ダイモンジソウの高山型で、5枚の花弁の下2枚が長くなっていて、大の字に見える。ダイモンジソウよりも小型であるとされるが、区別するのは難しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/12 20:18
乳頭山の花 2
続いて、乳頭山山頂から千沼ヶ原にかけて咲いている花。湿生の花が多くなってくる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/11 20:04
乳頭山の花 1
乳頭山は、秋田駒ケ岳山系に属するだけあって、花が豊富である。普通、8月を過ぎると、どんな山でも、花の数や種類は少なくなるものだが、ここはそんなことは関係なくとにかく多くの花に出会える。そこで、今回出会った花の数々を何回かに分けて紹介したい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/10 21:21
乳頭山登山 3 千沼ヶ原
千沼ヶ原は、乳頭山と笊森山の中間点から岩手県側に入ったところにあり、多数の池塘が点在する美しい湿原である。乳頭山に登るなら、千沼ヶ原ははずせないポイントである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/09 19:23
乳頭山登山 2
登り始めてから2時間余りで乳頭山山頂に到着。ここでは少し休憩して、すぐに千沼ヶ原に向かう。山頂から滝の上温泉方面の登山道に広がる湿原を眺める。乳頭山の周辺は、あちらこちらに、このような湿原が広がっているのが嬉しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/06 20:57
乳頭山登山 1
乳頭温泉郷の黒湯温泉登山口から乳頭山に登った。乳頭山は、秋田駒ケ岳山系にあって高山植物が豊富な山だが、多少登りがきついせいだろうか、秋田駒ケ岳と違って登山者が少なく、とても静かな山である。その分、雄大な景色を独り占めできて、すごく贅沢な気分が味わえる。きつい登りを終えて、山頂付近になると、秋田駒ケ岳から田沢湖の眺望が素晴らしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/06 20:27
ゴンドラに乗って森吉山に登る2
ゴンドラを降りてから、約1時間半で山頂に到着。独立峰だけあって、山頂からは360度のパノラマが広がる。南方はるか彼方の雲間から鳥海山がちょこっと顔を出していた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/16 17:33
ゴンドラに乗って森吉山に登る1
秋田県のほぼ中央に位置する森吉山は、NHKの花の百名山にも選ばれる高山植物の宝庫である。阿仁スキー場のゴンドラが夏場も営業してくれているおかげで、誰でも気軽に高山植物を楽しむことができる。本格的な登山には程遠いが、多くの人に秋田の自然を味わってもらうには、最高のロケーションだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/16 17:21
雪渓の鳥海山を登る4
360度全方位視界抜群の七高山山頂で、しばしの間、目で空中散歩を楽しむ。対座する新山越しに日本海を眺めると、遠く飛島まで見えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/25 20:11
雪渓の鳥海山を登る3
9合目、氷の薬師を過ぎ、最後の雪渓を登り終える。あとは、ガレ場の舎利坂を登るだけで雪はない。ここで少し休憩を取り、登山靴からアイゼンをはずす。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/17 20:46
八幡平大沼の花
八幡平大沼周辺は高山植物の宝庫でもある。この時期(6月23日)に咲いている花を集めてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/03 20:58
八幡平大沼
八幡平大沼は、標高944メートルの高地にあるが、八幡平アスピーテラインに面した所にあるため、車で気軽に行くことができる。ここは、湿原の高山植物が豊富に咲く所として知られるが、特に初夏に花を咲かせるレンゲツツジが有名だ。この一週間前に秋田魁新聞で、大沼のレンゲツツジが咲き始めたと報道されていた。そこで、ちょうど見頃かもしれないと当たりをつけて、出掛けてみると、まさに今が盛りとレンゲツツジの朱色が大沼を染めていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/01 20:49
桑ノ木台湿原
鳥海山の三合目付近にある「桑ノ木台湿原」。かつては「ムラスギ湿原」とも呼ばれていたが、千葉克介さんの写真で一躍有名になり、多くの写真家が訪れるようになった。そのため、湿地帯が踏み荒らされ、貴重な植物の生態系が守れなくなってきた。そこで、湿原に至る林道を車両通行止めにして、人が簡単に入れないようにし、湿原には新たに木道を整備した。そして、湿原を周遊できる木道が完成した今年、いよいよ大々的な宣伝をしてグランドオープンさせた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/28 20:12
鳥海高原菜の花まつり
鳥海高原桃野地区で、「菜の花まつり」が開催されるようになって、今年で3回目となる。残雪の鳥海山を背景に、高原一面を黄色に染める菜の花畑は、とてもフォトジェニックな風景で、毎年写真撮影のため訪れている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/20 20:45
芝桜フェスタ
黄桜の里に行ったあと、まだ時間も早かった(午前11時)ので、今日(5月19日)から開催されているという、横手市大森町の芝桜フェスタに回り道することにした。秋田市を基点に考えると、東由利町と大森町とでは方向が違うので遠く感じるが、実は隣町で、距離的にもそんなに離れていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/28 21:14
新緑萌える八塩の森
5月の八塩湖周辺は、「若葉萌ゆ」という言葉が、まさにぴったりとくる情景だった。柔らかな5月の日差しが、芽吹いたばかりの若葉を照らす。その美しさは、黄桜などの花に勝るとも劣らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/25 15:10
黄桜の里
花の名所は、花の咲く時期が年によって違うので、出掛けるタイミングが難しい。そこで、私が重宝しているのが、地元魁新聞の地域欄である。そこには、地域の花の名所で花が見頃になると、綺麗な写真とともに紹介記事を載せてくれる。その記事を頼りに出掛けると、まずは間違いがない。今回も、魁新聞の報道を頼りに、由利本荘市東由利町の八塩いこいの森まで、黄桜を見に行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/24 13:11
手這坂桃源郷の春2012
5月12日(土)、あいにくの雨、しかも気温が10度に満たないような寒い日に、桃の花が見頃になったと報道されていた、八峰町の手這坂集落に桃の花観賞に出掛けた。本当なら、天気の良い日、青空のもとでの桃の花を見たかったのだが、翌日曜日は災害対応の日直当番に当たっている。この週を逃せば、花は散ってしまうだろう。そんな訳で、悪天候を押しての鑑賞だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/20 20:24
大森山公園と桜
大森山といえば動物園。休日、しかも連休ともなれば、子ども連れのファミリー客で大混雑するところである。何気なく、浜田梅林園で花を観賞したあと、ついでだから大森山公園にも寄ってみようと思った私は、動物園に入るための長い駐車場待ちの車の渋滞に巻き込まれることになった。何とか、その渋滞をくぐり抜け、山頂駐車場に車を停め、周辺を散策した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/13 09:08
浜田花木園
浜田の梅林園の手前に、花木園という名の森林公園がある。ここは、主に桜などの花を咲かせる木が数多く植えられているのだが、木だけではなく、様々の山野草が見られるので、私の好きな場所の一つである。梅林園で梅の花を見た後、その花木園に立ち寄った。桜(ソメイヨシノ)がちょうど見頃で、満開の桜越しに大森山のテレビ塔を見ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/12 21:32
浜田梅林園は梅が満開
4月30日、ゴールデンウィーク前半の3日目、娘夫婦が孫を連れて秋田に来るという。秋田駅着が11時58分だったので、それまでの空き時間を活用して、近場の浜田の梅林園に行ってみた。浜田の梅林園には、これまで何度も足を運んだことがあるが、梅が満開になるときに巡り合わせたことはめったになかった。この日もあまり期待はしていなかったのだが、行ってみると、満開の梅の香りが駐車場にまで漂ってくるほど、まさにタイミングがピッタリでちょうど見頃だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/11 21:11
ブラウブリッツと日吉八幡神社の桜
今年のブラウブリッツは調子がいい。この日まで、5勝2敗の成績で3位をキープしている。この日勝てば暫定首位に躍り出るという。これは、応援にも力が入ろうというもの。相手は今年JFL初参戦の藤枝MYFC。終始、ブラウブリッツが優勢に試合を進めていたが、なぜかあと一歩のところでゴールが奪えない。5−0くらいの感覚の試合だったが、終わってみれば0−0の引き分け。まあ、負けなかっただけ良しとするしかないが、不満の残る試合だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/10 22:37
新屋大川端の桜と萬八の蕎麦
4月29日、連休2日め。午後からは、ブラウブリッツの試合が八橋陸上競技場で予定されている。そこで、午前中の空き時間を利用して、新屋大川端まで桜観賞に出掛けることにした。新屋地区の桜観賞地は、公立美術工芸短大から新屋駅まで、元国鉄の引き込み線跡地を整備して作られた遊歩道の桜と、雄物川河口につながる大川端水路に帯状に整備された公園の桜の二つに分かれる。どちらもいいが、桜を観賞するのが目的なら、前者の方が、花見客も少なく、ゆっくりと落ち着いて眺められるように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/09 19:01
太平川堤の桜
千秋公園で花見をしたあと、ついでだから、もう一つの秋田市内の桜の名所、太平川堤を散策した。猿田川と太平川の合流地点にある公園の桜は、均整の取れた枝ぶりがとても美しい。こんな立派な桜が咲いているのに、周囲に宴席を広げている花見客がまったくいないのは、不思議なほどだ。それが、ここの良さでもあるのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/08 20:08
千秋公園で花見
4月28日、秋田市の千秋公園で開催されたNPO法人あきたシニアクラブの花見に、夫婦で参加した。天気は快晴。気温も25度を超える夏日とあって、絶好の花見日和であった。今回は、福島から避難されてきた方々の集まりである福島県人会や子育てサークルのNPOとの合同開催ということで、大勢の方が参加されていた。賑やかでとてもよかったが、人数が多すぎて、グループ間の交流はあまりなかったのが、少し残念だった。それでも、こうして、大勢の仲間と花見ができるのは嬉しいことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/02 10:54
男鹿門前五社堂の春
今日は、午後1時からひまわり町内会の総会が予定されているが、午前中は空いている。この時期、少しでも時間があるのなら、春の花を愛でる機会を逃す手はない。と言うわけで、男鹿門前の五社堂まで出掛けて、スプリング・エフェメラルと呼ばれる春の花を見てきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/22 20:39
蕎麦と梅と菅原神社
先々週の日曜日(4/8)、町内会青年部の総会があった。我がひまわり町内会は高齢化が著しく、60歳までは青年部に所属するのだ。その席で、山王で蕎麦屋を営んでいるS氏と知り合った。日本酒の話で妙に盛り上がったのだが、蕎麦好きの私としては、是非とも彼が営業する「まこと」という蕎麦屋に行ってみないわけにはいかない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/21 21:53
角館 旧石黒(恵)家
角館の新名所がまた一つ増えた。昨年オープンした「旧石黒(恵)家」だ。この「旧石黒(恵)家」は、石黒家の分家とし江戸時代より続いてきた家柄で、建物自体は昭和10年に建てられたものを、このたび改築して一般に公開したものだ。別名、「角館歴史塾」という。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/23 22:23
角館の紅葉
今年の角館の紅葉は、例年に比べあまり見栄えが良くなかった。それでも町中を隈なく探せば、綺麗に紅葉している木も沢山あるのが、角館の良いところ。紅葉は、特に紅いモミジは、逆光気味に撮ると、葉っぱが透けて美しく見える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/16 22:12
秋田駒ケ岳秋景3 -馬場ノ小路-
大焼砂から馬場ノ小路に入る。ここは、最盛期にはチングルマやヒナザクラの群生で、湿原全体がお花畑になるところで、別名ムーミン谷とも呼ばれているが、今は紅葉が見頃となっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/20 21:39
秋田駒ケ岳秋景1 -新道コース〜男女岳-
10月3連休の中日、良く晴れた一日、秋田駒ケ岳を訪れた。秋田駒ケ岳といえば、高山植物の宝庫として知られた場所。花の時期が終わったこの季節なら空いているだろうとの思惑は見事にはずれ、八合目登山口行き定期バスの発着所、アルパ駒草の駐車場は花の最盛期よりも混雑していた。臨時バスも出すほどの盛況ぶりで、さすが秋田駒ケ岳の実力はすごいものだと実感した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/17 22:07
森吉山登山4
一等三角点がある森吉山山頂。ここからは360度の素晴らしい展望が広がるはずが、あいにくの濃い霧でまったく視界が利かない。いつか、天気の良い日に再訪しなくてはならない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/15 21:30
森吉山登山3
阿仁避難小屋の手前にある「魔除け・幸福の鐘」。隣には、熊に注意との案内板があるので、おそらく熊除けの鐘だと思うのだが、マタギの里らしく熊という文言を使わず間接的な表現をしているところが、奥ゆかしい。こんな鐘があると、ついつい鳴らしてしまいたくなるものだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/13 20:59
森吉山登山2
雲嶺峠からコバギボウシが咲きほころぶ湿原の道を歩くと、ほどなく前岳の森吉神社にたどりつく。神社と避難小屋の前に、今年出来たばかりの真新しい鳥居が建っていた。避難小屋にあるトイレを覗くと、足こぎの発電機があり、自力で水洗の動力源にするものだった。電気のない山小屋らしい工夫だが、これをこがないといけないのかと思ったら、用を足す気も失せてしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/12 21:41
森吉山登山1
秋田県の中央北部に位置する森吉山は、二つのスキー場開発で大きく山の環境が変わってしまった。山に登るにも、阿仁ゴンドラを使えば、簡単に山頂まで登ることができる。それはそれで、多くの人が森吉山の魅力を知ることができるようになって良いことだが、山をじっくりと堪能するには、やはり自分の足で登るのが一番だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/30 20:48
鳥海山お花畑を歩く3 -千畳ヶ原-
御浜小屋から笙ヶ岳に向かう途中の分岐を左折し、鳥海湖に下りていく。正面に鳥海山の山頂を見ながら、鳥海湖に向かって歩くのは気持ちがいいものだ。鳥海山隋一の風景といってよい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/07 19:49
鳥海山お花畑を歩く2 -御浜周辺のお花畑-
7合目御浜から鳥海湖と鍋森を眺める。天上の箱庭を見るようで、私の好きな風景の一つだ。いつもなら、ここから山頂に向かうのだが、今回は吹浦口方面に下りていき、鳥海湖を目指す。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/06 20:58
鳥海山お花畑を歩く1 -朝靄の中を登る-
7月17日(日)、象潟の鉾立登山口から鳥海山に登る。鉾立登山口は、朝7時だというのに一般駐車場に入りきらないほどの車の列。鳥海山には何度も来ているが、こんなことは初めてだ。やむなく、下の登山者専用駐車場に車を止めた。5合目付近は朝靄の中で、あいにく山頂は見えなかった。それでも、雲間からあふれ出る朝日の光のなかで、奈曽渓谷の白糸の滝が輝いて見えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/04 21:28
白神山地 田苗代湿原2
田苗代湿原に至るアプローチ、朝靄に煙る藤里駒ケ岳の登山道は、緑の木々が白い靄に包まれてとても幻想的だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/29 20:34
白神山地 田苗代湿原1
藤里駒ケ岳の登山口から15分ほど歩いたところに広がる田苗代(たなしろ)湿原。そこのニッコウキスゲの花が10年に1度の大豊作だという。秋田に住んでいて、これを見ないという手はない。7月9日の土曜日、前の日までの雨が残り、霧雨状態だったが、むしろこのような天気の方が風情があっていいものだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/26 20:48
箱根旅行 -ポーラ美術館-
JR東日本が期間限定で発売する「大人の休日クラブ」4日間13000円のフリー切符を利用して、箱根旅行を楽しんだ。4日間使える切符なのに、議会開会中で平日休みが取れないため、土日だけの一泊2日のあわただしい旅となった。そこで、普段は行けないような場所にポイントを絞ってみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/19 21:11
太平山中岳登山2
前岳から中岳に向かう途中の鞍部に、仁別国民の森から登ってくる登山道との分岐点にぶつかる。その分れ道に立つブナの木は、木の肌が見えないほどびっしりと蔦の葉がからみついていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/12 20:42
太平山中岳登山1
今年最初の登山は、秋田市のシンボル的存在である太平山とした。太平山に登るのは、実に3年ぶりのこと。以前は、春、秋と年2回も登っていた時期もあったのに、随分と遠ざかってしまったものだ。しかし、秋田市内から最も身近にあって、しかも本格的な登山が楽しめるのだから、もっと気軽に利用しなくては損である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/29 20:17
鳥海高原菜の花畑
鳥海高原、菜の花まつりが行われた翌週、まだまだ十分見頃だという菜の花畑に、妻と妻の友人の3人で行ってみた。まつりのときは人であふれかえっていたであろう菜の花畑も、この日は閑散としてほとんど見にくる人もいない。花を楽しむなら、むしろこの方が好ましい。斜面一面に広がる菜の花を独り占めしたような気分である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/26 19:24
池田氏庭園公開
日本最大級の石灯籠がある池田氏庭園の春の公開が行われた。春秋の2回公開される池田氏庭園だが、毎年、少しずつ整備されていくため、何度行っても新たな発見ができて楽しい。今年は、春が遅かったため、ツツジとカキツバタの時期が重なって、彩り華やかな庭園公開となった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/20 21:05
おしら様の枝垂れ桜
湯沢市横堀にある「おしら様の枝垂れ桜」は、均整のとれたバランスの良い枝垂れ桜である。これくらいの巨木になると、張り出した枝の何箇所にも添え木が添えられ、枝が折れないように保護されているのが一般的だが、ここの枝垂れ桜は、主幹が太く、土台がしっかりしているため、添え木なしで、すくっと自立している。そこが、すこぶる格好が良い。これは、この木を日本の名桜10本に選んだ、写真家、三好耕三氏の受け売りであるが、まさにその通りだと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/12 20:46
萬松寺のシダレザクラ
大仙市協和町境の唐松神社近くにある萬松寺のシダレザクラは、1868年の戊辰戦争の戦火にあって焼失した桜の根元から3本の萌木があり、それを1本にまとめて成長させたもので、樹齢140年余りになる巨木である。墓や寺に覆いかぶさるようにして生えるサクラは見事である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/11 20:50
角館の桜2
国の天然記念物に指定されている武家屋敷通りのシダレザクラと、国の名勝に指定されている檜木内川堤のソメイヨシノの桜並木。どちらか一つでも十分に桜の名所になりうるのに、その二つを同時に鑑賞できるというところが角館の魅力である。いつもの年なら、土手下はビニールシートを広げた花見客の宴会で一杯になっているところだが、今年はそんな客はまったくいなかった。これも大震災による自粛の影響? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/10 21:13
角館の桜1
5月6日、連休のはざまの平日、休暇をいただいて角館に花見に出掛けた。前日の弘前に続いて、東北の桜の名所2ヵ所を相次いで巡る贅沢を味わうことに相成った。今年は、桜の開花が遅れ、角館も連休の後半になってやっと開花したほどだった。開花が遅れれば遅れるほど、見頃の期間が短くなってしまう。桜というのは厄介な花である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/10 20:59
弘前城公園の桜2
弘前城の追手門。この周辺には、藤田記念庭園や市立観光館、旧市立図書館、東奥義塾外人教師館、青森銀行記念館など主要な観光施設が集まっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/08 19:13
弘前城公園の桜1
5月5日、JRの臨時列車「弘前さくらまつり号」を利用して、妻と一緒に弘前城公園に桜見物に出掛けた。弘前の桜は、大館に住んでいたころに行ったきりで、もう15年ぶりくらいのことになる。久しぶりに見る弘前城公園の桜は、さすが全国に名をとどろかせるだけあって、素晴らしいものだった。弘前城といえば、天守閣と桜の構図。あまりに定番過ぎて、恥ずかしい限りだが、これがないと始まらない。天守閣は江戸時代に再建された建築物で、国の重要文化財に指定されている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/08 18:52
西木のカタクリ
仙北市西木町のカタクリ群生の郷は、約20ヘクタールの栗園のなかに広がる日本一のカタクリ群生地である。群生地が広いので、園内を車で周ることもできるが、隅々までゆっくりとカタクリを堪能するなら、内陸線を利用するか、内陸線八津駅前にあるカタクリ館の駐車場に車を置いて、歩いて周るのがよい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/06 08:01
太平川の桜
秋田市太平川の桜が、ゴールデンウィークに入ってちょうど見頃になってきた。ここは、我が家から近く、私の散歩コースの一つである。このコースを散歩するなら、桜の季節が断然楽しい。河川公園に下りて、堤の桜を見上げると、真っ青な青空に古木のソメイヨシノの綺麗に映えていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/01 20:03
刺巻湿原の水芭蕉
仙北市田沢湖の刺巻湿原は、国道46号沿いにある水芭蕉の群落地である。水芭蕉といえば、一般的には山の奥深くにある花だが、ここのように、国道からも新幹線が通る鉄道からも近い場所にあるのは、とても珍しいことである。交通の便がよいだけあって、ここには例年多くの観光客が訪れるが、今年は震災の影響か、比較的少なかったようだ。ゆっくりと花を愛でるには好都合だったが、人が少ないのも寂しいものがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/30 19:54
福寿草が咲く丘
奈曽の白滝から象潟方面に車を走らせると、すぐ見えてきたのが、道路の両脇に広がる福寿草の群落。丘一面に広がる福寿草に思わず歓声をあげた。こんな何もない場所に福寿草の群落があるなんて、秋田ってイイナと思った瞬間だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 09:21
三崎公園
秋田県と山形県の県境に位置する三崎公園は、日本海の荒波に削られた断崖絶壁の海岸美と、タブの原生林に囲まれた旧街道が良く知られているが、秋田県でもっとも早く春を感じられる場所でもある。今年のように、春が遅いときは、少しでも早く春を感じるため、訪れたくなる場所だ。その三崎公園内にある灯台は、ちょうど県境に建つ小振りの可愛らしい灯台だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/25 21:18
千秋公園の紅葉2
千秋公園の胡月池から弥高神社の間の広場(昔、動物園があった場所)奥の紅葉は、黄緑色から黄色、オレンジ、薄紅、紅と移りゆく暖色系の色のグラデーションが楽しめる。そして上を見れば青空、下には落ち葉の絨毯と、写心をくすぐる申し分のないロケーションだ。へたな文章よりも、一枚の写真がそれを物語ってくれるはずなのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 21:26
千秋公園の紅葉1 -表門周辺-
秋田駅から程近い場所にある千秋公園は、江戸時代秋田藩を治めた佐竹氏の居城、久保田城址を整備した都市公園である。桜の名所として名高いが、桜の季節以外でも四季折々の花や紅葉、雪などが楽しめる市民憩いの場所である。11月13日の土曜日、成人病医療センターで受診したついでに、向かいにある千秋公園を散策したが、紅葉が見頃で多くのカメラマンが熱心に写真撮影に興じていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/24 20:46
池田氏庭園秋の公開
国の名勝に指定されている池田氏庭園は、6月と11月の年2回一般公開されている。これまで、6月の公開に行ったことはあったが、紅葉が美しいという11月の公開には行ったことがない。そこで11月6日の土曜日、午前中秋田市の三浦館を見学したあと、午後に大仙市高梨の池田氏庭園に向かった。今回は、修復中だった洋館が新たに公開されるとあって、これまで以上にすごい人出で、庭園を見るというより、人を見に来たような感じだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 08:30
三浦館の秋1
国の重要文化財に指定されている秋田市金足黒川の三浦館が11月5日から7日までの3日間一般公開された。人数限定で往復はがきによる申し込みだったが、新聞で報道されたその日に申し込んだので、11月6日の土曜日に運よく見ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 21:21
栗駒山の紅葉登山2
栗駒山山頂は深い霧の中だったが、紅葉の最盛期とあって、大勢の登山客で賑わっていた。いつもならここで昼食休憩を取るのだが、この日は風が強く、景色もまったく見えない状況だったので、昼食はあきらめていち早く下山することにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/23 09:15
栗駒山の紅葉登山1
体育の日を含む3連休は、あいにくの天気だった。何とか、最終日の11日(月)は晴れの予報だったので、紅葉が見頃となっている栗駒山に出かけてみた。栗駒山は、秋田、岩手、宮城の3県にまたがる標高1627メートルの山で、深田久弥の日本百名山や田中澄江の花の百名山にも選ばれている日本を代表する名山である。栗駒山は、2年前の岩手・宮城内陸地震の影響で、道路が寸断され、観光で大打撃を受けていたのだが、つい最近宮城県側からの国道398号が開通し、やっと地震前の状態に戻ったばかりである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/15 22:52
大滝山自然公園
秋田市郊外にある大滝山は、貯水湖を中心とした山林の自然公園となっている。その中心にある道川大滝。子どもが小さい頃は、ここに連れてきて、川海老釣りをしたものだ。かつては、貯水湖に吊り橋がかかっていたが、今回行ったら、それがなくなっていた。きっと腐食したため取り壊したのだと思うが、再建されずにそのままになっているのは、財政難の世の中とはいえ、寂しいものだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/25 23:34
秋田駒ケ岳登山 中生保内口4
馬場ノ小路から大焼砂分岐に出て、外輪山稜線上の道、横長根を下りる。途中、第2展望台で展望が開けるくらいで、左右がほとんど潅木に覆われ、しかも掘割状の低くなった道なので、周りの景色がまったく見えない。見晴らしが良かった登りの金十郎長嶺とは大違いだ。国見温泉分岐を過ぎてから、少し岩手県側の景色が見えたりするが、基本的に潅木で展望はよくない。姿見の池も一瞬顔を見せたと思ったら、すぐに木に隠れてしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/24 22:42
秋田駒ケ岳登山 中生保内口3
男岳から阿弥陀池方面へ下りる。秋田駒ケ岳といえば阿弥陀池と言われる?くらい定番の風景だ。午前中は、霧で視界が利かなかったが、午後になって霧も晴れ、焼森やさらにその奥の山並も見えるようになってきた。今回は阿弥陀池には下りず、火口原の馬場ノ小路の方に下りて行く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 09:45
秋田駒ケ岳登山 中生保内口2
水沢分岐を過ぎるあたりから、ガスが少し晴れて、男岳山頂が見えるようになってきた。巨大な岩塊の五百羅漢が目の前に見える。とても雄大な風景だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 20:52
秋田駒ケ岳登山 中生保内口1
秋田駒ケ岳は、毎年必ず登る私にとって定番の山だ。いつもは、田沢湖高原温泉から八合目登山口まで路線バスを利用して登るのだが、今回は中生保内口から登ることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/20 20:15
鳥海山登山 康新道
下りはルートを変え、康新道を通った。康新道とは、長年、祓川ヒュッテの管理人を勤めた、佐藤康氏が開発したルートで、山頂から七ツ釜分岐まで尾根伝いに設けられた登山道である。晴れた日の眺望は素晴らしいのだが、やせ尾根の上を歩くことになるので、風が強い日などは、少し危険だ。一歩間違えると、崖下に転落などということになりかねないので、慎重に歩かなくてはいけない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/05 15:33
鳥海山登山 氷の薬師〜七高山山頂
9合目の氷の薬師。ここも、6月下旬は一面雪に覆われていて、登りはそれほど苦にならないところなのだが、雪がないと登山道は狭いし、両手を使って岩登りをする箇所が随所にあって、結構難儀する。祓川登山道は、雪がないと厳しい登りになることをあらためて思い知らされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/04 21:40
竜ヶ原湿原
鳥海山祓川登山口に広がる竜ヶ原湿原。ここは、鳥海山5合目の標高1212メートルに位置する中間湿原だ。登山道の他に湿原を周回する遊歩道も整備されていて、20分程度で簡単に一周できる。しかも、駐車場から歩いてすぐの場所にあるので、登山は苦手だけれど、あまり歩かずに、たくさんの高山植物を見てみたいという人には、うってつけの場所である。天気さえ良ければ、鳥海山の山頂が目前に見えるし、遠く奥羽山脈の山並も遠望できる。駐車場脇や祓川山荘前では、冷たい鳥海山の湧き水を飲むこともできる。特に夏は、暑さ知らず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/01 20:06
小泉潟公園のアジサイ
秋田市金足地区にある小泉潟公園は、日本庭園の水心苑や菖蒲園、芝生広場、テニスコートなどが揃う県立都市公園である。季節に応じ、花が綺麗な公園だが、アヤメや菖蒲の時期が終わる7月にはアジサイが見ごろとなる。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/05 21:57
八幡平の花
八幡平に咲く花を紹介しよう。ハクサンチドリは高山植物の中でも人気の高い花だが、八幡平ではよく見られる花で、登り始めるとすぐ登山道の両脇に沢山咲いている。通常は、紅紫色の花をつけるが、ここでは白っぽいハクサンチドリも見られた。2種類のハクサンチドリが並んで咲いているのは、珍しい構図だと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/20 21:38
八幡平散策3
八幡平山頂から少し下りてきた沼のほとりから、畚岳方面の奥羽脊梁山脈を眺望できる場所があった。畚岳の後方には、先ほどまで雲に隠れて見えなかった秋田駒ケ岳が見通せるようになっていた。登山としては、面白みのない八幡平だが、高い場所にあるだけあって、眺望はさすがにすばらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/19 08:51
八幡平散策2
真っ直ぐに伸びた木道を歩く。その木道に沿うようにして、ワタスゲがその名前の由来ともなった綿毛の実をつけていた。八幡平は、中心にある八幡沼の周囲に広大な湿原が広がっている。その湿原の中を周回するように木道が設置されている。木道を歩くだけで、手軽に湿原の様々な高山植物を楽しめるのは有難いことだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/18 14:48
八幡平散策1
岩手・秋田の県境にある八幡平は、標高が1613メートルで、かつては深田久弥の「日本百名山」にも選ばれた名山である。しかしながら、観光開発に伴い山頂直下の標高1560メートル地点まで自動車道(アスピーテライン)が通じてしまったため、もはや登山と呼べるような山ではなくなってしまった。現に、スカート、サンダル姿で、山頂の周回コースを歩いている人もいるほどだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/16 20:43
大場谷地湿原
玉川温泉から国道341号を北上し、鹿角市に入ってすぐの場所にある「大場谷地湿原」は、ニッコウキスゲやコバイケイソウ、ワタスゲ、レンゲツツジなど湿生植物が群生する花の楽園である。国道沿いにあってアクセスが容易なうえ、原色の目立つ花が沢山咲くので人気の場所であるが、私はこれまで花の時期に訪れたことはなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/13 21:41
雨の鎌倉 -明月院2-
明月院の境内のほぼ中央に位置する方丈。今回は、ここで引き返してしまったが、この奥に日本庭園があり、花菖蒲が咲いていることを、後から寺のパンフレットで知った。パンフレットを見ながら歩いていれば、きっと奥まで行っていただろうに、誠に残念だった。今度来たときは、忘れずに行かなくては。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/05 21:02
雨の鎌倉 -明月院1-
アジサイ寺として知られる「明月院」は、境内全域に植えられているアジサイの花目当てに、この時期すごい人出に見舞われる。この日、鎌倉の寺の中でも、この明月院が一番の混雑だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/04 18:59
雨の鎌倉 -浄智寺-
東慶寺から建長寺に向かう途中、横須賀線踏み切り手前の右手にあるのが、鎌倉五山第4位の浄智寺である。ここの山門は、上層が鐘楼となっている珍しいもの。意匠も中国風で、変わった形をしているのが特徴だ。山門手前には、アジサイがちょうど見ごろとなっていて、風変わりな山門を一層引き立てていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/03 23:00
雨の鎌倉 -東慶寺-
円覚寺の次は、縁切り寺として知られる「東慶寺」に向かう。江戸時代、女性が離縁するために駆け込んだ寺だ。ここも、アジサイの花が、とてもキレイだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 22:08
雨の鎌倉 -円覚寺2-
円覚寺は臨済宗円覚寺派の総本山で、1282年、無学祖元を開山の祖として創建された。観光地にありながら、今なお、熱心な修行寺であり、一般市民向けの座禅会が定期的に催されている。仏殿の隣には、茅葺屋根の美しい建物がある。「選仏場」と呼ばれ、僧侶が坐禅を組み、悟りを開いて仏になるための道場ということだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 22:11
雨の鎌倉 -円覚寺1-
JR東日本の「大人の休日倶楽部」12000円乗り放題チケットを使って、娘が住む横浜に遊びに行ってきた。一泊二日の慌ただしい日程だったが、せっかくの機会なので、アジサイが見ごろとなっている鎌倉まで足を伸ばした。鎌倉小旅行の起点は、北鎌倉駅前の円覚寺。円覚寺といえば、夏目漱石の「門」に登場する「山門」が有名だ。石段を登りながら、その巨大な山門を見上げる。雨の中に屹立する姿は、何とも言えない荘厳さに満ち溢れていて、思わず粛然とした気持ちになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 00:37
千秋公園は藤の花が見頃
先週の土曜日(5/29)、買物の帰りに千秋公園に立ち寄った。ツツジの花が見頃かなと思ったからだが、ツツジは枯れた花や盛りの花、ツボミのままの花が同じ場所で混在していて、写真にしようにもキレイな絵にならない。それよりも、胡月池の藤の花の方がちょうど見頃で、キレイだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/02 22:21
鳥海高原「桃野」菜の花まつり
NPO法人菜の花ネットワークや秋田県立大学などが主催する「鳥海高原『桃野』菜の花まつり」が、南由利原高原の桃野地区で開催された。この菜の花まつり、昨年までは秋田港の工場用地埋立地で開催されていたのだが、今年から鳥海高原を会場に開催されることになった。ここは、耕作放棄地だったところに、3年前から県立大学が実験的に菜の花を植えていた場所だそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/22 21:17
春爛漫の桃源郷手這坂
秋田県北部、白神山地の麓にある八峰町に、江戸時代そのままの風景を今に残している集落がある。手這坂集落だ。文化4年(1804年)、江戸時代の紀行家、菅江真澄がこの地を訪れて、「中国武陵にあるとされる桃源郷のようだ」と絵入りで紹介したところだが、平成12年(2000年)に無人集落となってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/16 20:57
秋田のサクラ2010 -カスミ桜-
由利本荘市大内町にあるカスミ桜は、樹齢400年以上、幹回りが4.6mに及ぶ古木で、県の天然記念物に指定されている。しかしながら、昭和38年の台風と昭和41年の豪雪で2本ある支幹の両方とも折損してしまい、大いに美観を損ねてしまった。それでも、天然記念物の指定は取り消されず、県教育委員会の指導で今なお、綺麗な花を咲かせている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/11 20:30
秋田のサクラ2010 -萬松寺のシダレザクラ-
毎年、桜の時期になると見に行きたくなる一本桜が、県内にはいくつかある。一つが湯沢市の「おしら様の枝垂れ桜」であり、もう一つが大仙市の「萬松寺のシダレザクラ」である。しかしながら、萬松寺のシダレザクラは、これまで花の最盛期に出会ったことがなかった。幸いにして、今年は桜の開花が遅れたため、ちょうどGWの連休と桜の見頃が重なった。そこで、5月1日、3日、5日と3日間通って、やっと満開のシダレザクラに出会うことができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/10 21:09
秋田のサクラ2010 -おしら様の枝垂れ桜-
湯沢市横堀地区(旧雄勝町)にある「おしら様の枝垂れ桜」は、北東北屈指の一本桜として近年注目を浴びつつある。昨年、写真家三好耕三氏の作品展「SAKURA 櫻覧」で、「全国名桜10本」に選ばれ、カメラ雑誌(日本カメラ12月号)にも掲載されたため、その注目度は全国にまで広がった。地元の人たちが運営する無料休憩室には、この春ここを訪れた人たちの短歌が展示されていた。それを見ていると、遠くは佐賀県など全国各地から、この桜を見に来ていたことがわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 21:01
秋田のサクラ2010 -八乙女公園-
大仙市中仙地区はドンパン節の発祥の地として知られているが、その中仙にある桜の名所が八乙女公園である。ここは、十世紀初め、当時勢力を誇った安倍氏の防衛拠点として開発された八乙女城跡で、そこに2千本余りのソメイヨシノが植えられている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/08 20:36
秋田のサクラ2010 -角館檜木内川堤-
角館で武家屋敷の枝垂桜とともに桜の名所となっているのが、檜木内川堤に植えられているソメイヨシノの並木だ。2キロにも及ぶ桜のトンネルとなっており、国の名勝にも指定されている。現天皇陛下の誕生を記念して昭和8年に植えられたものだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/08 19:48
秋田のサクラ2010 -角館武家屋敷通り-
4月30日に年次休暇を取ったので、今年のGWは7連休となった。今年は、桜の開花が遅れたことから、ちょうどGWと花見の時期が重なった。そのため、連休の休みを利用して、思いっきり秋田のサクラを堪能することができた。こんなに沢山の桜を見たのは、生まれて初めてのことかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/06 22:28
秋田のサクラ2010 -高清水公園-
秋田市北部にある高清水公園は、奈良時代から平安時代にかけて、中央官庁の出先機関である秋田城(出羽の柵)があった場所である。今は、当時の門や井戸、水洗便所などが復元され、歴史公園として整備されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/05 22:56
秋田のサクラ2010 -新屋地区の桜-
新屋地区で桜の花見をするなら、お奨めの場所が2ヶ所ある。一つは、新屋駅から公立美術工芸短期大学に通じる遊歩道。ここは、今はアトリエももさだとなっている旧国立食糧倉庫まで、新屋駅から貨物専用線が引かれていた場所を遊歩道に整備したもの。この遊歩道の両脇に新屋郷士会の人たちが植栽した桜が、20年ほどの歳月を経て、ちょうど見頃になってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/04 19:48
秋田のサクラ2010 -太平川堤-
我が家の近くを流れる太平川の堤は、私の好きな散歩コースの一つである。ここの堤に植えられている桜は、そのボリューム、密度の濃さ、花の美しさにおいて、秋田で一番ではないかと個人的に思っている。少なくとも、千秋公園の桜よりは、こちらの方が数段綺麗だ。堤の両側を一周すると3キロほどになり、健康ウォーキングに最適なのもまたいい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/04 09:42
秋田のサクラ2010 -千秋公園-
秋田駅に程近い千秋公園は、秋田藩佐竹氏の居城だった久保田城跡で、さくら名所百選にも選ばれている秋田を代表する桜の名所だ。いつもの年ならGW前に桜の花は散っているはずなのに、今年の異常気象の影響で、連休に入ってからがちょうど見頃となった。千秋公園の桜祭りは、期間を延長して4月29日までやっていたのだが、この日(30日)は出店や舞台などが撤去されたあとで、いつもの静かな公園に戻っていた。たまには、こんな花見もいいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/03 22:01
秋田のサクラ2010 -日吉八幡神社-
秋田市八橋の運動公園に隣接する日吉八幡(ひえはちまん)神社は、県内で唯一多重塔がある場所として知られる。神社の境内に仏教建築物の三重塔があるというのも不思議な話だが、神仏習合の特異な形態ということなのかもしれない。随神門(神社山門)から入ると、目の前に朱塗りに彩られた木造三重塔が現れる。その前に、桜の木が植えられており、花が咲く時期には、サクラの花と三重塔が絶妙にマッチしてとても美しい光景に出会える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/03 08:06
秋田のサクラ2010 -ハーブ通り-
由利本荘市西目地区にあるハーブガーデン。その隣地にある休耕田には、春は菜の花、夏はひまわりが一面に植えられ、花の迷路としても楽しまれている。とくに春には、ハーブガーデンから西目高校に通ずる1.5キロにも及ぶ道路の桜並木が桜色一色に染まり、菜の花の黄色と桜のピンクの見事なコラボレーションが楽しめる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 18:59
秋田のサクラ2010 -浜館公園-
由利本荘市西目地区にある浜館公園は、日本海に面した小高い丘の上にあり、とても見晴らしの良いところだ。この公園は、鳥海山や周囲の山々、そして日本海を桜と一緒に眺めることが出来る桜の名所でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/01 22:24
秋田のサクラ2010 -勢至公園-
4月になっても冬のような天気が続くせいか、今年の桜は開花が異常に遅い。秋田市内でも今頃になってやっと開花したほどで、昨年に比べると10日も遅いそうだ。こんなときは、桜の開花を今か、今かと待ちわびている私のような平均的日本人にとっては、県内で最も早く花見が楽しめる場所にどうしたって注目が集まってしまう。というわけで、今年もまたにかほ市金浦にある勢至公園に花見に出かけてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/25 13:39
君子蘭の花が咲く
我が家の君子蘭。勢いがいいのか、根元付近から2株が新たに生えてきて、一つの鉢の中で3株が共存している。一見するといかにも窮屈そうだが、この春、2株から花茎が伸びてきて、見事な花を咲かせてくれた。一つの鉢で、二つの茎に花を咲かせているのは、珍しいのではないだろうか。とても豪華で、こんなに沢山花が咲くと、みんなに自慢したくなるが、残念ながら鑑賞者は、私と妻の二人だけ。何とも寂しい限りである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/24 22:12
新年度
新年度が始まった。県庁に就職して以来、31回目の新年度である。ここ数年は、毎年のように課の異動があったが、久しぶりに異動がない新年度を迎えた。異動はなかったが、課の場所が本庁舎の2階から3階に変わったため、3月31日には大規模な引っ越しがあった。異動ならぬ移動である。県庁生活もあと8年。そろそろ最終コーナーを迎える。今年度は、来し方行く末をじっくり考えなければならない時期になるかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/07 20:29
春を呼ぶ福寿草
昨日の午前中、秋田市内は道路や屋根が真白になるほどの雪に見舞われた。今日も、最高気温が3度前後と真冬並みの寒さ。一体いつになったら春がくるのだろう。そんな中、春を求めて、にかほ市金浦の大竹地区にある福寿草の群生地に行ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/28 21:32
真昼岳に登る
奥羽山脈和賀山系を代表する山の一つ真昼岳は、独特の風格を持った山である。写真で見る真昼岳の山並みはとても美しい。その美しい稜線に惹かれ、いつかはこの山に登りたいと思っていた。加えて、標高が1060メートルと、あまり高くないのに、登山道や山頂からの眺望が素晴らしいこと。さらには、山頂近くの標高900メートル地点まで車で行けて、登山が比較的楽なことがその大きな理由である。ここで “比較的” と書いたのは、奥羽山脈の稜線上を歩くため、風が非常に強く、慎重に歩かないと大変なことになるからだ。距離が短... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 22:14
千沼ヶ原
笊森山と乳頭山の間を少し岩手県側に下ったところにあるのが千沼ヶ原。その名の通り、無数の池糖が点在する天上の楽園である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/14 19:35
秋田駒ケ岳 熊見平
秋田駒ケ岳から乳頭山に向かう縦走路、湯森山と笊森山の間に、熊見平という広大な高層湿原がある。熊見平とは名前が穏やかではないが、沢山の花が咲いている湿原の中を木道が通っていて、花を見ながら歩くには快適な場所である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/12 21:11
秋田駒ケ岳から乳頭山まで縦走する
秋田駒ケ岳から乳頭山にかけての奥羽山脈上の縦走路を歩いた。ちょうど秋田・岩手の県境の稜線上にあるため、晴れた日には、秋田・岩手両県の風景が遠くまで綺麗に見渡せ、素晴らしいパノラマとなる。この日は、低気圧が通り過ぎた翌日だったせいか岩手山や秋田駒ケ岳の山頂はガスがかかっていたが、下界は晴れて遠くまでよく見えた。少々距離が長く、日帰りするにはハードだが、縦走路そのものはアップダウンも少なく、それほど難しい道ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/11 20:47
ひまわり畑
由利本荘市西目町にあるハーブワールド秋田は、春は菜の花畑、夏はひまわり畑と、季節折々の花が植えられ、一面原色に彩られる。8月に入って、ひまわり祭りが開催されているとの情報を聞き、法体の滝の帰り道、娘と一緒に寄ってみた。園内にはひまわりの迷路も設けられ、子供連れなどで賑わっていたが、ひまわりにしては背丈が今一つで、迷路を楽しむには少し物足りない様子。それでも、同じ花が、しかもひまわりのような大振りの花が、辺り一面を覆いつくす様は圧巻である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/05 21:10
チョウカイフスマ
鳥海山の名を冠した花の中でも、とくに人気なのが「チョウカイフスマ」。田中澄江の名著「花の百名山」の旧版、新版のどちらにも紹介されている鳥海山を代表する花だが、小さな花なので気付かず通り過ぎる人も多い。外輪山コースや山頂付近に多く見られるが、白く可憐な花の美しさはもちろんのこと、エメラルドグリーンをした葉もまた美しい。この花を撮るため、地面に這い蹲るようにして大きなカメラを花に向けている人がいた。「チョウカイフスマですか」と声をかけたら、「少し早かったようです」と答えてきた。8月上旬くらいがこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/21 20:54
秋田駒ケ岳に登る
妻と二人、秋田駒ケ岳に登る。2003年以降、毎年登っている秋田駒ケ岳だが、今回は思いのほか花が少なかったように思う。いつもの年なら、登山道の両脇が、花、花、花で埋め尽くされているのに、今回は、ちらほら見える程度。それでも、県内外から数多くの登山客が訪れていた。もはや、秋田駒ケ岳の人気は不動と言ってよい。何か、訪れた人々に申し訳ないような気になった。秋田駒ケ岳の実力は、こんなものではないですよ。是非また訪れてくださいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/12 22:08
雪渓の鳥海山2009
今年もまた、矢島の祓川登山口から雪渓の残る鳥海山に登った。雪渓の楽しさは、ルートを気にせず好きなところを自由に登れること。足元さえしっかりしていれば、夏山よりもはるかに楽だ。今年は6本爪のアイゼンも買った。準備は万端。ところが、あいにく山から吹き降ろす風が強く、なかなか前に進めない。遮るものが何もない大雪渓だけに、余計に風を強く感じる。途中から、腿に張りを感じるようになり、足が十分あがらなくなってきた。十歩登っては立ち止まり、また十歩登る、といった繰り返し。本当に疲れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/28 21:18
彫刻と桜
秋田県井川町にある日本国花苑は、文字通り日本の国花桜の名所で、およそ200種2000本にも及ぶ桜が植えられている。とくに関山や普賢象など八重桜系の桜が多く、ソメイヨシノが終わってからが花見の本番となり、4月下旬から5月中旬にかけてがちょうど見頃だ。近場でゴールデンウィークを楽しむには、もってこいの場所である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/03 21:41
萬松寺の枝垂桜
大仙市協和の唐松神社近くにある萬松寺には、樹高が20メートルにも達する見事な枝垂桜がある。1868年の戊辰戦争の戦火で焼失した株元から萌芽した3本の花を、1本にまとめて生育させたものだというから樹齢140年ほどになる。墓地に覆いかぶさるように枝を伸ばして花を咲かせている様は、墓地に埋められた戊辰の戦士たちから栄養を吸い取っているようで、何やら不気味なほど妖艶な美しさである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/26 21:41
おしら様の枝垂桜
湯沢市横堀地区の役内川近くにある「おしら様の枝垂桜」は、樹齢200年弱の見事な一本桜である。地域住民に愛され知る人ぞ知る存在だったが、地元新聞やテレビでも紹介されるようになって、メジャーな存在になりつつある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/25 21:32
散歩の愉しみ
散歩が健康にいいのはもちろんだが、ほかにも色々と愉しみがある。先日、桜を愛でながら太平川の堤を歩いていたら、こんな手作りの案内板を目にした。「そばや有ります。」までは何の変哲もない文章だが、問題は、その後の「徒歩83ポ」という書きぶり。人によって歩幅はマチマチだから、「83ポ」とは、きっとそばやの主人の歩数なのだろうが、何て主観的でいい加減な表現なんだ。しかも歩をカタカナで書くとは、面白すぎる。こんな、案内板を見たら、ついつい誘われて入ってしまうじゃないですか。これなんかも、きっと川の堤を散... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/22 22:09
勢至公園の桜と鳥海山
サクラの名所と言われる場所は、桜の他に何かキラーコンテンツを持っているものだ。それが、角館であれば武家屋敷と天然記念物の枝垂桜だし、弘前であれば弘前城天守閣と岩木山の組み合わせである。そういう見方からすれば、にかほ市金浦町の勢至(せいし)公園は、間近に真白な雪に覆われた荘厳な鳥海山を借景としているので、桜の名所としてもっと売り出していい。惜しむらくは、少しばかり桜のボリウムが少ないところか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/19 20:54
太平川堤の花見散歩
わが家の近くを流れる太平川は、堤の両側約2キロ近くにわたって、ソメイヨシノなど桜の古木が植えられている。花はつぼみのままの枝も多く、花見を楽しむには少し早かったが、気の早い花見客は、早速川縁に下りて宴席を囲んでいた。花より団子の愛すべき人たちである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/18 21:47
刺巻湿原の水芭蕉
秋田県仙北市は、角館の桜がつとに有名だが、ほかにも西木のカタクリや刺巻湿原の水芭蕉など花の名所が沢山ある。この3ヶ所は、花の咲く時期がほぼ一緒なので、仙北市がセットで売り出している春の観光目玉商品である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/16 23:32
世界の蘭フェア2009
潟上市のブルーメッセ秋田で開催されている「世界の蘭フェア」も今年で12回目になるという。毎年、大勢のランの愛好者が訪れる好例の冬のイベントである。今年は、2月19日から22日までの4日間の日程で開催された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/23 22:24
鳥海山に登る
6月の鳥海山は、まだ登山道のほとんどを雪渓が占める雪の春山であった。同行のO氏から軽アイゼンを借り、登山靴に嵌めて登ったのだが、一面の雪道をアイゼンを付けて登るのは結構快適で、登山道を気にせず自由に登れる楽しさがあった。下りも、半ば滑りながら、落ちるように下りてきた。こんなこと、雪渓でなければ考えられない。中にはスキーやスノーボードを楽しむ人たちもいた。スキーを滑っていたのが茨城県から毎週のように鳥海山に通っているという強者で、真黒な顔を輝かせながら話す姿に好印象を持った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/29 22:26
秋田太平山に登る
晴れた休日、秋田市のシンボル太平山に登る。太平山は奥岳をピークとし、複数の峰が弓形のように連なる連峰の総称だ。今回は秋田市中心部から最もよく見える中岳山頂を目指した。太平山には毎年のように登っているが、前岳と奥岳に登っただけで、中岳に登るのは初めての経験だ。普段登り慣れている前岳山頂から1時間ほどで登れるということなので、今回は一人で登ってみることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 21:40
男鹿本山登山
ブナの葉を通した太陽の光は、何て心地がいいのだろう。急な上り坂の連続で、息も絶え絶えなのだが、ブナの葉を揺らす爽やかな風と葉を通した柔らかな光を受けると、登山の疲れも忘れさせてくれる。太古の昔から日本列島に生えていたブナの木は、日本人の心に響く何か不思議な力を持っているのかもしれない。秋田では、世界自然遺産に指定されている白神山地がつとに有名だが、県内ならどの山に行ってもブナ林が楽しめる。晴れた日には、近くの山に登って森林浴をするのも、秋田に住む人の特権ではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 21:56
君子蘭の花が咲く
我が家の鉢植えの君子蘭が2年ぶりに花を付けた。昨年は花が咲かなかったので、鉢の植え替えをして土を取り替えたのが効を奏したのかもしれない。君子蘭の紅い花が部屋にあると、華やかでいい。これからも、毎年咲かせたいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/06 21:08
マクロレンズを購入
オリンパスの35ミリマクロレンズを購入した。デジタル一眼レフを買ったときから、花の撮影用に是非一台は欲しかったマクロレンズ。結局値段が安く、最も軽いこの製品に決めた。ちょうど、オリンパスのオンラインショップでキャンペーンをやっていたので、20%の割引ポイントが利用でき、24000円足らずで買うことが出来たのはラッキーだった。おまけに、液晶モニター確認用ルーペも付いてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/16 21:32
珍しい花 “センチュリー・プラント”
大潟村にある生態系公園には、ランハウスと呼ばれる温室がある。そのため、冬でも色とりどりの花が楽しめる場所だ。その生態系公園に、英名を“センチュリー・プラント”といって、百年に一度花を咲かせ、咲き終わると枯れて死んでしまうという、大変珍しい花が咲いている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/09 22:22
土門拳記念館
日曜日、酒田市にある土門拳記念館に行ってきた。土門拳は酒田市出身の写真家で、古寺巡礼をライフワークとするなど、仏像や古寺の写真がつとに有名である。その土門拳の写真を専門に展示するこの記念館は、個人単独の写真美術館としては全国唯一のものである。今は、「世界の子どもたち」と題する企画展が開催されており、世界各国の子どもたちの無邪気な笑顔が所狭しと展示されていた。土門拳も子どもの写真を沢山撮っていることを、今回初めて知った。あと、ヒロシマと題する写真が展示されていて、原爆の悲惨さを改めて感じさせる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/04 23:15
男鹿半島の花々
男鹿半島門前の五社堂から毛無山、本山、真山の男鹿三山を縦走し、真山神社に抜けることを「お山かけ」という。最近、この「お山かけ」が観光で注目されるようになってきたが、特に門前の五社堂付近は山野草の宝庫でもある。男鹿半島は、日本海に突き出た半島で、対馬暖流の影響を直接受ける。そのため、秋田県内では真っ先に春が訪れる場所で、福寿草やカタクリなどのスプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれる花々を毎年鑑賞に行っている。今年は、異動のゴタゴタもあって4月には行けなかったが、5月に咲く花もまたいいもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 22:16
大潟村菜の花ロード
秋田にも、やっと遅い春がやってきた。昨日はネット仲間と秋田市千秋公園で花見だった。そして、今日は、帰省中の娘を連れて、大潟村の菜の花ロードへ行ってきた。大潟村菜の花ロードは、菜の花と桜の競演が数キロに渡ってつづく大潟村の代表的観光スポットである。両脇を菜の花と桜に挟まれた道路を車で走る。どこまでも走っても、途切れることなく延々と続く風景には驚きを禁じえない。それは見事を通り越して異様ともいえる光景である。菜の花の黄色と桜のピンク、そして青く澄んだ空の配色のなんと美しいこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/30 23:01
雄和国際ダリア園
秋田市から空港に向う道路沿いにある雄和国際ダリア園。700種ものダリアが植えられているという。8月からオープンしているのだが、まだまだ沢山の花が咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/15 22:32
秋田駒ケ岳登山
今年は土日に用事が入ることが多く、なかなか登山に行けなかった。娘の大学後援会による大曲花火鑑賞がキャンセルになったことをいいことに、天気も良かったので、秋田駒ケ岳に登ってみることとした。ここ数年、秋田駒ケ岳には毎年必ず1回以上は登っているので、登らないうちは何となく落ち着かない。やり残した宿題を抱えている気分なのだ。今日、やっとその宿題をやり終えた満足感に浸ることができた。登山はやっぱり気分爽快である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/08/26 21:53
春の息吹
新年度を迎えた。今年も異動はなかったので、比較的穏かな新年度である。でも、同じ職場に新しい人が入ってくると、それなりに緊張感も出てくるものだ。やはり新年度の雰囲気は独特なものがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/02 20:49

トップへ | みんなの「花・紅葉」ブログ

酔狂日記 花・紅葉のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる