一太郎が特許権侵害で敗訴!

今朝の新聞各紙の一面トップを飾ったのが、「一太郎が松下の特許権侵害で敗訴」という記事だった。我が職場、県庁では一太郎が標準ソフトになっているので、毎日仕事で使っているが、今回の特許権侵害にあたる機能は一度も使ったことがなかったし、あることすら知らなかった。だから、「へーっ、そんな機能があったんだ」というのが正直な感想。ちなみに、MSのワードで確かめたら、同じ様な機能はあるものの、アイコン表示がしてなかった分、特許権侵害にはあたらないということらしい。

今、日本は「知的財産立国」ということを国家目標に掲げ、国を挙げて、知財の創造、保護及び活用に力を入れている。なかでも、問題になるのが中国などアジア諸国の企業からの知財侵害の問題。今回は、日本企業で、ワープロソフトを代表するジャストシステムが特許侵害を起こしていたということで、大きな話題となった。今回の場合でも、松下とライセンス契約を結んで、実施料を払っていれば問題はなかったし、一太郎の膨大な機能のなかではなくても困らない機能だから、あえて松下の特許を使わなくても何ら問題はなかったと思うのだが、やはり特許権侵害はまずいですよ、ジャストシステムさん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック