安物買いの銭失い

喪中欠礼の葉書を印刷するため、プリンターのインクを近くのコメリに買いに行った。我が家のプリンターはキャノンのMP770である。これまでは、キャノンの純正インクしか使ったことがなかったのだが、コメリではキャノン製品ではないキャノン用のインクが売られていた。純正のインクに比べると、4色セットで千円以上も安い。しかも、店長お薦めという張り紙までつけてある。これは、買うっきゃないでしょ。ところが・・・・・。

薄い色しか出ないのよ。しかも、ところどころ、まだら模様になっているし。3枚くらい印刷しても、まったく状況に変化なかったので、これはインクに原因があると思って、再びコメリに行って、今度は純正のインクを買ってきて、すぐさまインクを交換した。純正のインクに換えても、前のインクがプリンター内に残っている間は、色調がおかしかったが、20枚ほど印刷したら、やっと元の状態に戻った。まったくもって、安物買いの銭失いとは、このことを言うのだと身をもって実感した次第である。

それにしても、コメリの店長も無責任だよな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック