祖母の死

画像

今月13日に、祖母が亡くなった。数え年で99歳だったので、本来なら白寿の祝いをする年だった。自宅のベッドで寝たきりの生活を送るようになってから3年余りが経過していたし、昨年末からは食事もできなくなり、缶入りの栄養剤のみで栄養をとる生活が続いていたので、ある程度覚悟していたことではあったが、さすがに一緒に暮らしている身内を亡くすのはつらいことである。昨年8月に父を亡くしたばかりで、半年もたたないうちに、2度目の喪主を務めることに相成った。

祖母は明治44年の生まれ。明治、大正、昭和、平成と近代日本の歩んだ激動の歴史を生き抜いた人生だった。その間、子ども6人、孫8人、曾孫12人と多くの子孫に恵まれた。陽気で明るい性格は、周りの者すべてを幸せな気分にさせてくれたものだった。また、行動的な性格で、90歳過ぎまで旅行に出かけていた。海外旅行なんて、ボクより多く出かけている。そんな祖母が、自由に歩けなくなり、ベッドの上で迫りくる死の恐怖と戦いながら介護を受ける暮らしは、さぞやつらかったに違いない。それでも最期は、自宅のベッドで娘や孫、曾孫たちに見守られながら、にっこりと笑みを残して息を引き取った。祖母にとって、とても幸せなことだったろう。まさに大往生と呼ぶにふさわしい死に方だった。

どうぞ、やすらかにお休みください。合掌

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック