困った人

画像

先日、鳥海山に登ったとき、後から一人登ってきた人がいた。アイゼンもつけず、雪渓で滑りながら登ってくる。危なっかしくてしょうがない。話を聞くと、宮城県から来た70歳の人で、地元案内人と一緒に登っているのだが、案内人が遅いので、一人で先にきたのだという。

しばらくして、山頂付近で天気も悪くなってきたので下山しようと思っているところへ、再び先ほど出会った老人と遭遇する。相変わらず一人のままだ。案内人のことを無視して登ってきたらしい。我々グループが食事しているところに加わり、案内が来ないのに自分だけ食べるわけにいかないからと、一人でしゃべり続けている。

そのうちガスが晴れて、下界が見えてきたら、はるか下のほうで案内人の姿が見えた。案内人は、風も強く天気も悪いので、下りてくるように叫んでいる。ところが、その人はその声を無視して、いきなり一人山頂目指して登り始めたのだ。いったい、どういう神経をしているのだ。こんな人の案内をしなければならないとは、案内人も大変だと心底気の毒になった。

本当に困った人がいるものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック