男鹿の焼きそば

画像

シルバーウィークの期間中、県南の横手市では「B1グランプリ」が開催され、2日間で26万人もの観光客を集めて大盛況だったそうだ。その中で、「横手焼きそば」が念願の1位を獲得したのは、地元開催の利があったとはいえ、嬉しいニュースであった。

それに対抗してかどうかわからないが、男鹿でも焼きそばを名物にして観光客を呼び込もうという試みが行われている。名付けて「男鹿の焼きそば」。ハタハタしょっつるをベースとした「タレ」と「粉末ワカメと昆布だし」をミックスした「麺」を使用するという基本的なルールがあり、具材等は各店舗のオリジナル。今回、私がいただいたのは、男鹿半島の入口にある男鹿総合観光案内所のカメリアというお店。ここは、具材に魚介類とメカブを使用していた。「横手焼きそば」が昔ながらのソース焼きそばだとすれば、「男鹿の焼きそば」は塩味の焼きそばだ。ハタハタのしょっつるで味付けをしているが、これがまた美味しい。値段が750円とちょっと高めだが、味はそこそこいける。今後、男鹿観光の目玉になることを期待する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック