眼鏡を新調

画像

元来は近眼なのだが、近年、とみに近くのものが見えづらくなってきたので、昔使っていた度の弱い眼鏡を引っ張りだして我慢して使っていた。その眼鏡ですら、最近は、近くの文字が見えづらくなってきた。そこで、この際思い切って、遠近両用の眼鏡を買い求めることにした。ちょっと、決断が遅すぎたキライもなくはないけどね。

さて、近くの眼鏡屋さんに行って、遠近両用の眼鏡を試してみると、遠方用と近場用が一つのレンズに混じっているせいか、目がウルウルして気持悪くなってくる。店員さんからは、慣れるしかないですね~、などと暢気なことを言われるが、どうもしっくりとこない。

ふと、仕事上、パソコンの画面をみている時間が長いので、それに合わせた眼鏡にしてはどうだろうと考えた。店員さんにそのことを言うと、何でも、「パソコンらくらく眼鏡」というのがあるらしい。それだと、遠方はぼやけてしまってまるで見えないのだが、パソコンや書類を見るときは、はっきり、くっきりと鮮やかに見ることができる。ちょうど、カメラの望遠レンズで近場に焦点を合わせたような見え方だ。遠方用と近場用の二つの眼鏡を使い分けるわずらわしさはあるものの、一つの眼鏡でウルウルするよりは、まだましかと思って、そのパソコン何とか眼鏡を買うことにした。

新年の仕事始めから、新しい眼鏡を使い始めているが、仕事や家でパソコンをしているとき、また読書をするとき、文字がくっきりと見えてすこぶる快適である。しかしながら、歩くときは、足元がぼやけてしまうし、離れた場所もぼんやりとしか見えないので、眼鏡を掛け替えなければならない。トイレに立ったり、お茶を入れにいったりするたびに眼鏡を掛け替えるのは、ちょっとわずらわしいが、近くの文字がはっきり、くっきり見える快適さには代え難い。

それにしても、最近の眼鏡は軽く、そして小さくなったもんだね。それだけでも十分に嬉しい変化である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック