旧岩崎邸

画像

今年の大河ドラマは「龍馬伝」だが、岩崎弥太郎を演じる香川照之が好演だ。主役の龍馬よりも、脇役の方が目立っている。まるでどこかの焼酎のCMのようだ。その影響か、東京上野にある旧岩崎邸が隠れた人気スポットになっている。上野不忍池から程近い至極便利な場所にあるのに、ウカツにもボクはまだ行ったことがなかった。せっかくなので(何がせっかくなのかわからないが)、出張で上京した機会を利用して訪れてみた。

ここは、1日2回、ボランティアガイドによる無料案内を行っている。この日も沢山の見学客がいたせいか、通常45分程度の案内が1時間もかかった。建物が北向きに建てられているため、日中、正面玄関にカメラを向けるとまともに太陽がかぶってしまう。何とか太陽が建物の陰になる位置を探して写したが、建物が暗くなってしまった。

画像

内部の装飾は豪華そのもの。この建物は、岩崎弥太郎の長男で、三菱財閥3代目の岩崎久弥氏が建てたものだそうだ。使われている木材も、今では手に入らないような豪華な材料が使われている。また、壁紙には「金唐革紙」が使われているが、戦後GHQに接収されていた時代、ペンキが塗られてしまい、せっかくの壁紙が台無しになったそうだ。その「金唐革紙」の版木があるところに残されていたとかで、復活させることができたそうだ。「金唐革紙」といえば、秋田の池田氏庭園の洋館にも使われていたことを思い出した。ものすごく高価な壁紙だった記憶がある。

洋館の入口に樹齢800年のイチョウの大木がある。このイチョウが葉を落とし、あたり一面が黄色い落ち葉で埋め尽くされる時期が最も美しいとガイドの人は言っていた。是非、その時期にもう一度訪れてみたいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shizuko
2010年01月25日 01:24
kimuraさんも岩崎邸にいらしたのですね。
私も昨年の桜の季節に不忍池を通って、行きました。
だから(?)岩崎弥太郎に興味を持ってドラマを見ています。
東京はこんな庭園がいくつかあって、楽しいですね。
2010年01月29日 20:45
今週1週間、新潟、富山に出張してて、コメントが遅くなってしまいました。岩崎邸は一度行ってみたい場所でしたが、行ってみて、その素晴らしさに感動しました。

もう少し暖かくなったら、東京の庭園巡りもいいかもしれません。

この記事へのトラックバック

  • 台東区(東京都)の観光情報:温泉,宿泊,ホテルetc

    Excerpt: このページでは東京都台東区[たいとうく]における観光情報を示す。観光情報以外の情報についてはページ最上部または最下部のタブから切り替えることが可能である。主な名 Weblog: patmap都市情報 racked: 2010-02-01 22:47