銀色のなみだ

ちょっと遅ればせの感なきにしもあらずだが、少しバンクーバーオリンピックの話などをしてみたい。今回のオリンピックの最大の関心事は、何といっても浅田真央選手の涙でしょう。今どきの日本のアスリートで、銀メダルを取って悔し涙を流せるのは、彼女くらいのものだと思う。それくらい高いレベルでの争いをしているのだと思うと、驚愕といっていいほどの感動を覚える。

金メダルを取ったキムヨナ選手もすごい選手だ。韓国からただ一人の出場で金メダルが確実視され、おそらく日本の選手以上のプレッシャーを感じざるを得ない立場に追い込まれながら、なおかつあのような完璧な演技を本番でやってのける。この精神力の強さ。いや、強さなんて半端なものじゃない。恐ろしいほどの強さだ。

浅田選手も、他の演技ではほんの少しミスをしたけれど、誰もが挑もうとしないトリプルアクセルを3回も成功させたその勇気は、賞賛されてよい。それで、銀メダルを獲得できたのだから、十分ではないか。金メダル以上に誇っていい銀メダルだ。

それにしても、今の採点基準は、新しい技に挑もうとする選手には厳しすぎる。高難度の技でも失敗すると大きく減点され、完成度が高いと簡単な技術でも高い点がもらえるというのでは、誰も難度の高い新しい技術にチャレンジする人がいなくなるのではないか。それではつまらない。進歩がないところに面白さはないと思うのだが、今回のフィギアはとくにそう感じることが多かった。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック