鶴岡散歩 -致道館-

画像

鶴岡は徳川家の重臣、酒井氏が治めた庄内藩の城下町で、鶴岡城があった鶴岡公園の周辺には、今も古い建物が残されている。致道館は、1805年に創立された東北地方に現存する唯一の藩校建築。明治時代になって藩校が廃止されたあとも、尋常小学校の校舎として利用されたという。このような建物が残されているところが鶴岡の良さで、秋田との文化の違いを感じる。

画像

桜にはまだ早かったが、敷地内の梅が綺麗に咲いていて、とても良い香りがした。

画像

ここ致道館は、館内が無料で観覧できる。館内には、西郷隆盛揮毫の「敬天愛人」の額が掲げられていた。戊辰戦争で官軍に反抗した鶴岡は、戦後寛大な処分に留めてくれた西郷隆盛に多大な恩を感じていたそうで、西郷ゆかりのものが多く残されている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック