新緑萌える八塩の森

画像

5月の八塩湖周辺は、「若葉萌ゆ」という言葉が、まさにぴったりとくる情景だった。柔らかな5月の日差しが、芽吹いたばかりの若葉を照らす。その美しさは、黄桜などの花に勝るとも劣らない。

画像

ダム湖に触れなんばかりに枝葉を広げるカエデの木。ここは、きっと紅葉も綺麗だろうな、と思いながら歩く。

画像

幸福の橋と呼ばれる真っ赤な吊り橋を渡りながら、青空に映える湖岸の大木を撮影する。

画像

黄桜や八重桜、若芽、新緑など、さまざまな色が織りなす色のグラデーションが、鮮やかに目に飛び込んでくる。

画像

正面に見える八塩山は、東由利町と矢島町(今はどちらも由利本荘市)の境にあって、標高713メートルながら眺望がすこぶるいいらしい。私の中で、登らなければならない山リストの上位に入っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック