桑ノ木台湿原

画像

鳥海山の三合目付近にある「桑ノ木台湿原」。かつては「ムラスギ湿原」とも呼ばれていたが、千葉克介さんの写真で一躍有名になり、多くの写真家が訪れるようになった。そのため、湿地帯が踏み荒らされ、貴重な植物の生態系が守れなくなってきた。そこで、湿原に至る林道を車両通行止めにして、人が簡単に入れないようにし、湿原には新たに木道を整備した。そして、湿原を周遊できる木道が完成した今年、いよいよ大々的な宣伝をしてグランドオープンさせた。

画像

ここの見所は、湿原一帯に広がるレンゲツツジとワタスゲの見事さと、背景に聳える鳥海山の美しさとコラボレーションである。千葉さんの写真は、見事なまでに、その美しさを捉えていたが、今年はレンゲツツジの花があまり多くない。花にも、花芽が多い当たり年というのがあるようだが、今年はそうでもないのかもしれない。

画像

今年から、一日2回、無料のシャトルバスを通行止めとなっている林道の分岐から湿原の入口まで走らせてくれている。ちょうど私たちが訪れた6月16日は、10時の運行時に2台のマイクロバスが運行されていたので利用させてもらった。マイクロバスに乗らなくとも、3キロ余りの道のりなので、歩いている人も沢山いた。

画像

花が少ないとはいえ、ここの風景は素晴らしい。ブナ林から湿原に入ると、一斉に歓声があがるほどだ。こんな風景は、秋田広しといえども、そうあるものではない。(撮影:2012/06/16)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック