雪渓の鳥海山を登る2

画像

7合目御田から8合目七ツ釜に至る急坂の雪渓は本当にキツイが、振り返った時の眺望は抜群である。前だけ見て登らず、時々は後ろを振り返り、絶景を眺める気持ちの余裕が欲しいものだ。きっと、急登の疲れを癒してくれるにちがいない。

画像

七ツ釜避難小屋を過ぎると、康新道との分岐に出るが、分岐と気づかずに真っ直ぐ大雪路を登る人が多い。とくに、雪が多く残っている時期はそうだ。ここから先は、鳥海山の山頂を目の前に見上げながらの登頂となる。ほんの近くに山頂が見えるのに、なかなか前に進めないのがもどかしい。

画像

大雪路は、傾斜も緩やかで、晴れた日には、山頂を見ながらの登りになるので、登りやすい登山路である。しかし、今回は今年初めての登山だったことが響いたのか、とても疲れた。10歩歩いては休み、また10歩歩いては休む、の繰り返しで、同行のS氏には迷惑をかけたにちがいない。

画像

広大な雪渓が続く大雪路。常に目の前に山頂が見えるので、ルートを自由に取っても迷うことがない。

画像

9合目、氷の薬師は、雪渓の幅が狭くなる。真夏に登れば、この辺の雪渓はなくなり、岩がゴロゴロする狭い登山道を登ることになる。雪渓を登る方が、はるかに登りやすい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック