雪渓の鳥海山を登る3

画像

9合目、氷の薬師を過ぎ、最後の雪渓を登り終える。あとは、ガレ場の舎利坂を登るだけで雪はない。ここで少し休憩を取り、登山靴からアイゼンをはずす。

画像

七高山山頂直下の舎利坂は、火山礫に覆われた難所で、急坂でしかも滑りやすい。しかし、ここは、イワウメやアオノツガザクラ、ミヤマキンバイなどの高山植物が群生していて、登山者の目を楽しませてくれる。登山といえば山の花が目的の私にとっては、最高の場所であり、急な上り坂でも一向に苦にならない。

画像

6時45分から登り始めて、10時15分に七高山山頂に到着。ちょうど3時間30分の登頂だった。標準のコースタイムよりは若干遅れたが、まあまあの時間だ。

画像

七高山の向かい側に聳える鳥海山最高峰の新山を眺める。約1時間あれば、新山山頂まで往復できるし、多くの人が新山に向かって歩を進めていたが、ここは無理をせずに、少し休憩して下山した。新山に登るなら、象潟口の鉾立から登った方が便利である。

画像

新山の反対側、東側斜面を眺めると、大きな雪渓が広がっていた。山頂からの風景は、360度、全方位が素晴らしい景色だった。本当に、最高の天気に恵まれた登山だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック