番楽サミット

画像

越後妻有(つまり)トリエンナーレの初の飛び地開催となる、「大地の芸術祭 Kamikoaniプロジェクト」が7月29日から上小阿仁村八木沢地区で開催された。その開幕を彩るイベントとして催されたのが「番楽サミット」。番楽とは、山伏が伝えた神楽舞のことで、東北地方特有のものらしい。呼名も青森では「能舞」、岩手では「山伏神楽」、秋田では「番楽」というそうだ。

秋田で使われている番楽という名の由来は、晩に演技が行われるからとされたり、演目が順番に行われることが重要だからとされたり、種々あるようだ。番楽の演目は12番で1セットとされ、それが表裏陰陽の4セット48番まであるという。今回は、そのさわりの部分だけ中学生から見せてもらった。

上小阿仁村八木沢地区に伝わる八木沢番楽だが、限界集落のため20年以上前から後継者不足のため途絶えていた。それを復活させようとしているのが、上小阿仁中学校の子ども達である。八木沢地域は、隣町の阿仁根子地域から山越えで開拓者が移住して開かれたところなので、番楽も根子からもたらされたものに違いない。

その八木沢地区で開催される大地の芸術祭。どんなものになるか楽しみである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック