大地の芸術祭 KAMIKOANIプロジェクト秋田 VOL1

画像

3年に一度、新潟県十日町市で開催されている「越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭」が、今年は初めて秋田県上小阿仁村の八木沢集落で飛び地開催されることになった。八木沢集落は、10世帯19人が暮らす典型的な山間集落。うち、2人は地域おこし協力隊員として村から給与が支給されている都会から来た若者である。そんな集落でアートの祭典が開催されているのである。

画像
長沢桂一(織) 「八木沢 2012」

「はさがけ」という刈り取った稲を干して乾燥させる独特の形をした道具が、この集落には沢山残っている。その、「はさがけ」を活用した作品である。

この作品は、カラフルな92枚のフレーム織と、山や緑の木々などの自然を交互に配置することによって、ゆっくりと時を刻み変化する八木沢の集落が表現されている。

画像

「はさがけ」そのものがアートである。ここで、アートの祭典が行われた一つのきっかけは、この「はさがけ」の存在も大きかったのではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック