乳頭山の花 3

画像
ミヤマダイモンジソウ

ダイモンジソウの高山型で、5枚の花弁の下2枚が長くなっていて、大の字に見える。ダイモンジソウよりも小型であるとされるが、区別するのは難しい。

画像
クルマユリ

輪生する葉が車輪のように見えることからクルマユリと呼ばれている。花は茎の上部に下向きに咲き、橙赤色の花がとてもよく目立つ。平地に咲く、オニユリに似ているが、葉のつき方が違う。

画像
シロバナハクサンシャジン

青紫色のハクサンシャジンの白花版。ハクサンシャジンは、この時期、乳頭山から笊森山にかけての縦走路上で最もよく目にする花である。

画像
エゾオヤマリンドウ

エゾリンドウの高山型。エゾリンドウに比べると、花付きはあまり良くなく、茎の先にだけ花がつく。

画像
ハクサンフウロ

白山で発見され、花がフウロソウに似ていることから付けられた名。ハクサンを冠する高山植物は数が多いが、それだけ昔から人びとに愛され、登られた山の証左であろう。

画像
ベニバナイチヤクソウ

紅い花を咲かせるイチヤクソウ。本県での生息は限られている。

画像
ウメバチソウ

花の形が、天満宮の紋章である梅鉢の紋に似ていることから付けられた名。花はまとまって咲いていることが多いが、1本の花茎には、1枚の葉と1個の花だけを付け、葉は茎を抱いている。県内では、高い山でなくとも、各地で見られる。

画像
エゾシオガマ

白い花を付けるシオガマ。乳頭山山頂付近に咲く。

画像
ツルリンドウ

つる状に咲くリンドウ。葉の脇に淡紫色の花をつける。あまり目立つ花ではないが、実は赤く熟すので、花よりもよく目立つ。

画像
ノリウツギ

日当たりのよい山地の林縁に咲き、ガクアジサイのような花を咲かせる。

画像
モウセンゴケ

代表的な食虫植物。葉は根生し、表面に赤紫色の腺毛が多数あって、粘液を分泌し、小さな虫を捕らえて消化する。花は白く可憐な小さな花で、葉と花のギャップが面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック