根子番楽と上小阿仁村伝統芸能競演 1

画像

8月18日、大地の芸術祭 KAMIKOANIプロジェクトのイベントとして、秋田杉で作られた野外の棚田の舞台で「根子番楽と上小阿仁村伝統芸能競演」が開催された。始めに、ゲストとして登場した新潟県の仁田天神囃子の登場。上小阿仁村から伝統芸能チームが新潟県十日町市のアートトリエンナーレのイベントに参加したお返しとして、参加してくれたものだ。

画像

続いて、上小阿仁村に残る伝統芸能、小沢田駒踊りの登場。子どもから大人まで、幅広い年齢層が参加していて、結構激しい踊りだった。

画像

次に登場したのは、同じ上小阿仁村の大林獅子踊り。この踊りは、いくつかにパートが分かれていて、まず始めは獅子が出る前の露払い的な踊り。

画像

同じく、露払い的な踊りだが、男性のシンボルのようなものを持ったり、鑓を持ったりと、なかなかユニークである。

画像

次は、小獅子が2体現れて、太鼓を敲きながら踊る。踊っているのは、地元の中学生で、本来は3体で踊るのだそうだが、一人怪我をしてしまい、今日は2体だけだそうだ。

画像

いよいよ大獅子の登場。獅子の前にいて獅子を操る獅子使いと獅子の掛け合いが、ユーモラスでとても面白い。一連の大林獅子踊りは、非常に見所の多い踊りであった。(次回へ続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック