帆船日本丸

画像

全国イベントの「海フェスタ」が男鹿市を中心に、秋田県で初めて開催された。それを記念して、「太平洋の白鳥」と呼ばれる大型帆船の日本丸が男鹿船川港に寄港した。7月20日の土曜日は実習生が帆を張る訓練の「セイルドリル」が行われるというので、妻と二人で見学に出掛けた。

画像

普段、停泊中は帆を張っていない帆柱だけの状態なので、美しい帆船を期待していくと少しがっかりする。

画像

午後1時、セイルドリルが始まると、実習生たちが一斉に縄梯子を登りはじめた。よく見ると、乗組員は靴を履いているのに、実習生は裸足のままである。これは、足裏でしっかりと縄の上を歩く感覚を身につけるためだという。なかなか厳しい訓練である。

画像

それぞれ、持ち場に着くと、ロープで括っている帆を解き始めていく。実習生は、裸足のまま横に張られた一本の綱の上に立って作業をしている。命綱は付けているものの、下から見ているとヒヤヒヤするほどの高所作業である。

画像

帆をつないでいたロープを解き終えると甲板に下りてきて、今度は一斉に綱を引っ張って帆を張っていく。全部で36枚の帆を張り終えると、見事な帆船が現れてくる。

画像

約1時間かけて、全ての帆を張り終えると、乗組員と実習生全員が、観客に向かって一斉に敬礼してくれた。

撮影:平成25年7月20日(土)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック