大曲の花火2013 その2

画像

大曲の花火は、全国の花火師たちが年に一度、その腕を競う場でもある。競技会は、10号玉の芯入割物と、同じく10号玉の自由部門、そして創造花火の3種類の花火によって行われる。規定演技と自由演技のようなものだ。プロの花火師には、10号玉の出来の良さというのも重要な要素なのだろうが、私のようなシロートには、それぞれの花火師が工夫を凝らして打ち上げる創造花火の方が見ていて面白い。

画像

創造花火は、ストーリーとそれに合わせた音楽と花火がセットになった、総合的な芸術作品である。毎年見ているが、花火師が作り出す様々な花火の色と形に、いつも感心させられる。

画像

創造花火は、その一瞬一瞬でまったく違う花火が夜空を彩るので、その全てを写真で切り取るのは、およそ無理がある。今回も500枚以上の写真を撮ったが、なかなか最高の瞬間を捉えた写真というのはないものだ。そこが花火写真の難しさである。創造花火の良さを残すには、動画映像の方がふさわしいのかもしれない。

画像

大曲の花火は、部門別に採点され、表彰される。今年の創造花火の部では、長野県の紅屋青木煙火店が優勝した。題して、「桜-世界へ届け日本の心-」。(総合優勝は、秋田県の小松煙火工業でした。)

画像

撮影:平成25年8月24日(土)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック