上小阿仁村アートプロジェクト5

画像

高橋つばさ 作、「北の植生」。八木沢の森林をモチーフにした絵画だが、ボールペン一本だけで描かれているところがすごい。

画像

高橋つばさ 作、「2012年 啓蟄」。同じく、0.4ミリのゲルインクボールペン「ブルーブラック」一本で描かれた絵画である。

画像

芝山昌也 作、「開いた彫刻 OPEN SCULPTURE」。八木沢は阿仁の根子集落から分かれて生まれた集落。その八木沢のルーツを示すように、石の尖った部分が根子の方角を向いているという。そして、この彫刻のある場所は、かつて八木沢分校があった場所である。ここに住む人たちにとって重要な場所に、重要な場所を指し示す碑が建っている。本来の彫刻のありようを現した彫刻である。

画像

この日、棚田舞台では、上小阿仁村の伝統芸能が行われていたが、途中から雨に見舞われて会場を分校跡に移して行われたそうだ。その前に、私たちは会場を後にしたのだが。

撮影:平成25年8月25日(日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック