矢島ひなめぐり -天寿酒造-

画像

天寿酒造の内裏雛は古今雛で、明治2年の購入らしい。屏風は、明治3年に龍源寺第17代住持となった、真牛(しんぎゅう)の書。

画像

古今雛は江戸時代後半(1760年以降)に登場した町雛で、現在の雛人形のルーツとなっている。古今雛の特徴の一つが、女雛の髪飾りの装飾が立派なこと。顔も美しく私の好きな雛人形である。

画像

入口に飾られていた雛人形。これは現代雛である。

撮影:平成27年3月15日(日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック