男鹿半島・大潟ジオパーク -金崎-

画像

男鹿半島椿漁港の南側にある金崎は、2000万年前の火山礫凝灰岩が露出する高さ20メートルあまりの崖である。ここの火山礫凝灰岩は、割れ目が発達して表面がゴツゴツしている層(上側)と、比較的滑らかな層(下側)に分けられるが、その境界はあまりはっきりしていない。

画像

その中で、一箇所だけ境界がはっきりしている場所がある。断層面は磨かれて、非常に滑らかになり、鏡肌と呼ばれている。

撮影:平成27年3月21日(土)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック