秋田駒ケ岳登山

画像

今年は土日に用事が入ることが多く、なかなか登山に行けなかった。娘の大学後援会による大曲花火鑑賞がキャンセルになったことをいいことに、天気も良かったので、秋田駒ケ岳に登ってみることとした。ここ数年、秋田駒ケ岳には毎年必ず1回以上は登っているので、登らないうちは何となく落ち着かない。やり残した宿題を抱えている気分なのだ。今日、やっとその宿題をやり終えた満足感に浸ることができた。登山はやっぱり気分爽快である。

画像

言うまでもなく、この山は田中澄江の名著「花の百名山」にも選ばれている高山植物の宝庫だが、その植生の豊富さから国の天然記念物にも指定されているだけあって、そんじょそこらの花の山とは訳が違う。花の種類や量の多さは半端じゃない。それこそ、登山道の両脇に色々な花が咲き乱れて狂喜乱舞といった状態である。通常は6月から7月にかけてが高山植物の中心になるのだが、8月下旬の今になっても、まだまだ沢山の花が咲いていた。男岳山頂では、Kimura’s RoomでおなじみのH氏にバッタリ遭遇した。何という偶然。そこで、H氏からインスタントコーヒーをご馳走になった。山頂で飲むコーヒーは格別である。H氏様、どうもご馳走様でした。

画像

今年から、8合目までのバスの発着地が高原温泉に新設された「アルパこまくさ」になった。ここは、国民宿舎駒草荘を取り壊して、新たに国、県、市の3者が合同で建設したものだが、旧駒草荘時代そのままに田沢湖を眼下に眺められる温泉露天風呂を備えている。下山したあとバスから降りてすぐに温泉に入れるのはとても嬉しい。もちろん、今日もそこの温泉に入ってから家路についたのは言うまでもない。

"秋田駒ケ岳登山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント