白鳥のいる風景

画像

我が家の近くを流れる太平川。雄物川の支流で、堤の両側にはソメイヨシノの古木が植えられている。春になると花見客で賑わう場所だ。今年の元日から、「県職員とこてく事業」というものに参加して、毎日健康ウォーキングを実施している。目標は1日1万歩。平日はもっぱら徒歩通勤でお茶を濁しているが、休日になると、カメラ片手に被写体を探しながら、近所を歩くことにしている。今の時期は雪景色ばかりで、絵になる被写体は少ないのだが、先日の日曜日に、その太平川を歩いていたら、川を埋め尽くすように白鳥の群れが羽を休めていた。散歩でこのような風景に出会えると、ホント嬉しくなってくる。春に桜満開の堤を歩くのも良いが、白鳥が戯れる川の堤を歩くのもいいものだ。秋田バンザイである。

"白鳥のいる風景" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント