歯抜けの話

画像

左下の歯茎が腫れてきたので、5年ぶりに歯医者に行った。すると、5年前に歯根治療をした歯がダメになったので、抜かなければいけないという。結局5年前の治療むなしく、歯根がうまく定着しなかったらしい。親不知を除けば、これで2本目の歯を失うことになった。抜いた歯のあとは、両隣の歯を支えにブリッジするという。それまでの間、歯抜けの状態が続く。奥歯から3番目の歯なので、食事のとき何かと不便だが、しばらくの間は我慢、ガマン。

それにしても、すい炎の治療で成人病医療センターに通院中なので、同時に二つの病院に通う羽目になった。父も良く病院通いしたものだが、父が亡くなったら、今度はボクが病院通いする立場になったということか。やれやれ、こればかりは引き継ぎたくなかったのだが。

"歯抜けの話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント