春を呼ぶ福寿草

画像

昨日の午前中、秋田市内は道路や屋根が真白になるほどの雪に見舞われた。今日も、最高気温が3度前後と真冬並みの寒さ。一体いつになったら春がくるのだろう。そんな中、春を求めて、にかほ市金浦の大竹地区にある福寿草の群生地に行ってみた。

画像

福寿草の花は光沢のある鮮やかな黄色で、とても良く目立つ。正月の飾りなどにも使われるお目出度い花だが、最近は山に入らないと自生する花を見ることはなくなってしまった。里中にこれほどの群生地があるのは貴重なことである。是非、いつまでも残しておきたいものだ。

画像

近くには、小さく可憐なオオイヌノフグリの花も見られた。

画像

集落の背後には、真白に雪をかぶった鳥海山が雄大な姿を見せてくれる。何と贅沢なことだろう。

"春を呼ぶ福寿草" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント