蕎麦と梅と菅原神社

画像

先々週の日曜日(4/8)、町内会青年部の総会があった。我がひまわり町内会は高齢化が著しく、60歳までは青年部に所属するのだ。その席で、山王で蕎麦屋を営んでいるS氏と知り合った。日本酒の話で妙に盛り上がったのだが、蕎麦好きの私としては、是非とも彼が営業する「まこと」という蕎麦屋に行ってみないわけにはいかない。

そこで、今日の昼、妻を誘ってその「まこと」という蕎麦屋に行ってみた。店はビルの奥まったところにあり、10人も入れば一杯になるような、ちょっと隠れ家的雰囲気のする店だった。二人が頂いたのは「もりそば」の大盛り。細打ちでこしのある美味しい蕎麦だった。今度は夜に行って天ぷらを肴に日本酒も飲んでみたい。

美味しいお蕎麦を頂いたあと、天気もよく暖かかったので、梅が美しいと評判の八橋の菅原神社に行ってみた。しかし、梅は蕾のままのものが多く、見頃には程遠かった。それでも気の早い梅見客が絶え間なく訪れていた。いつもなら、桜が咲いてもいい頃なのだが、いったいいつになったら、春がくるのだろうか。

"蕎麦と梅と菅原神社" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント