青森県立美術館

画像

甥っ子の結婚式に出席するため、双子の娘たちと、その家族が秋田に集まった。ゴールデンウィークの連休中、せっかくの機会なので、レンタカーを借りて青森まで1泊旅行をした。目的は、青森県立美術館。ここは、シャガールの巨大な3枚の絵と、棟方志功の版画がメインの展示物ではあるが、なんと言っても奈良美智の巨大な青森犬が一番の人気だ。この青森犬だけなら、入館料を払わずに外から無料で見学できる。金沢にある21世紀美術館もそうだが、無料スペースと有料スペースを分けて、上手に人を集めている。それにしても巨大な彫刻である。足下に写っている孫の小さいこと。

画像

建築デザイン関係の仕事をしている娘から指摘されてわかったのだが、この美術館は建物も工夫が凝らされていて、ちょうど出っ張った部分(写真の正面の部分)が宙に浮いているように見えるのだという。なるほど、よく見ればそのようになっている。

画像

青森犬の場所から続くアプローチ部分。ここも、とてもアートな空間である。

撮影:平成26年5月4日(日)

"青森県立美術館" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント