大曲の花火2014 その2

画像

大会提供花火の豪華さは、実際現場で見ないとその良さや迫力は伝わらないように思う。写真撮影も難しい被写体で、通常の花火よりも光量が多いので、露出オーバーの真っ白な写真になりがちである。また、桟敷席ではなく、少し離れた場所から撮影しないと、その全体像を捉えるのは難しい。しかし、桟敷席で見る魅力は何事にも代え難いものがある。

画像

10号玉の割物は純粋に花火師の技術が問われる部門だが、創造花火は技術だけではなく、花火師の創意工夫やアイデアが見所で、花火師のセンスが問われる花火である。それだけに、見ていて面白い。また、音楽とともに花火が打ち上げられるので、その選曲も楽しみである。

画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



撮影:平成26年8月23日(土)

"大曲の花火2014 その2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント