雨の中の鳥海山登山

画像

海の日の3連休は、雨の予報が続き、あまり天気が良くなかった。唯一、晴れの予報だった7月20日の海の日に鳥海山に登った。この時期、7合目の御浜小屋がある鳥海湖周辺は、一面にニッコウキスゲが咲き、お花畑となる。鳥海山でもっとも美しい光景だ。ところが、この日も天気はあまりよくなく、鳥海山は霧の中に隠れてまったくみえない。御浜小屋前から、鳥海湖を望むも数メートル先までしか視界が利かず、あたりは白い霧の中に包まれていた。それでも花の美しさは格別で、白い霧の中幻想的な美しさを醸し出していた。

画像

ニッコウキスゲの群生。斜面一帯を覆い尽くすように咲き揃うニッコウキスゲの花は、まさに圧巻である。

画像

様々な種類の高山植物が、われもわれもと一斉に花を咲かせている。まさに百花繚乱である。

画像

鳥海湖へと続く斜面には、霧にむせぶようにコバイケイソウの花が咲いていた。

画像

雨に降られ、散々な登山だったが、花の美しさに癒やされて、それなりに満足のいく登山であった。

平成27年7月20日(月)

"雨の中の鳥海山登山" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント