テーマ:秋田

太平川堤の花見

秋田市内の桜の名所、太平川堤を花見散歩しました。少し寒かったものの、好天に恵まれ、気持ちの良い花見でした。ここの良さは、あまり広くない川幅の両岸に、びっしりと覆いかぶさるように桜が植えられていることです。そのため、とてもボリュウム感あふれる桜を堪能できます。 青空のもと、ピンク色に染まった桜がとても良く映えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刺巻湿原の春

水芭蕉の群生地、刺巻湿原に行ってきました。花の時期になると毎年のように行っている場所ですが、角館の桜や西木のカタクリが少し早かったせいか、今日はとても賑わっていました。とくに自撮り棒で写真を撮っている中国からのお客様グループが目立ってました。秋田の観光地にもインバウンドが来てるんですね。 清流の中に咲く水芭蕉の花。とても綺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角館の雛めぐり

角館で開かれている雛めぐりに行ってきました。角館の雛人形の特徴は、押絵雛が多いこと。昔は、各家々で押絵が作られていたようです。また、八橋人形に代表される土人形も沢山残されています。雛人形が展示されている所を一軒一軒訪ねながら、そこの家の人たちに雛人形の由来などを聞いて回るのも楽しいものです。さらに、角館は雛人形を展示している食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひなの春展

刈和野の有で開催されていた草薙郷子さんの展示会に行ってきました。秋田の祭りや郷土芸能を人形で表現した作品群の展示でとても素晴らしいものでした。他の作家の雛人形の展示販売も行われていました。 撮影:平成28年2月27日(土)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あきた十文字映画祭

2月21日の日曜日、十文字映画祭に行ってきました。10時から、NPO法人あきたシニアクラブの理事会が秋田市内であったので、それが終わってから、車で高速を十文字まで飛ばして、駆けつけました。今年で25回目を迎える十文字映画祭ですが、今年は、現在全国ロードショーが行われている映画もあって、いつもよりも観客が多かったようです。特に、「俳優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬晴れの鳥海山

にかほ市冬師集落から少し象潟方面に行ったところから見た鳥海山。一面雪に覆われ足跡一つない雪原(田園)と、その奥に聳える鳥海山。真白な鳥海山に太陽の光が反射して、光り輝いています。 象潟の上郷小学校グランドから見た鳥海山です。 南由利原高原から、矢島の花立高原に向かう道路からみた鳥海山。真っ直ぐ延びる道路の真正面に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の奈曽の白滝

冬の奈曽の白滝は、いつもと違い、水量が随分と少ないようです。それでも、さすが天下の名瀑。たとえ水が少なくても、十分趣きがあっていい滝です。 撮影:平成28年2月11日(木)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の元滝伏流水

象潟の元滝伏流水には、これまで何度も行ったことがあるが、冬に行くのは初めてだった。そもそも、雪の中、かんじきやスノーシューなしに行けるのか不安だったのだが、訪れた人たちの歩いた跡が踏み固められ一筋の雪道ができていたので、楽に滝まで行くことができた。冬なのに、訪れる人も多いようで、この日も何人もの人と出合った。さすが、人気観光スポット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと温泉ユアシス

フェイスブックで話題になっていた、雄和のふるさと温泉ユアシス。とても良い温泉だということなので、今日(1/10)、妻と一緒に行ってきました。少し熱めの温泉でとても温まりました。サウナやミストサウナ、滝湯などもあって、入浴料金が360円というリーズナブルなお値段。これは行かない手はありません。これから、我が家の行きつけの温泉になりそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七滝

小坂町から十和田湖に通じる樹海ライン沿いに七滝と呼ばれる綺麗な滝がある。ちょうど、小坂町と十和田湖の中間点に位置するので、トイレ休憩を兼ねて滝見学をするには、最適の場所にある。 七滝の名の由来は、七段に分かれて流れ落ちる滝の様にあると思うが、下から見上げるだけでは、なかなかその七段の滝を見るのは困難である。 滝壺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり町内会夏祭り

私が住む秋田市ひまわり町内会の夏祭りが、8月1日に行われました。かつては、子ども神輿や盆踊りがメインの夏祭りだったのですが、少子高齢化が進み、参加者もめっきり少なくなってしまいました。その祭りを盛り上げてくれたのが、「ザ・カウンセラーズ」のコンサートです。秋田市役所の職員をメンバーとするグループで、地域を盛り上げるためにこうして各地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の中の鳥海山登山

海の日の3連休は、雨の予報が続き、あまり天気が良くなかった。唯一、晴れの予報だった7月20日の海の日に鳥海山に登った。この時期、7合目の御浜小屋がある鳥海湖周辺は、一面にニッコウキスゲが咲き、お花畑となる。鳥海山でもっとも美しい光景だ。ところが、この日も天気はあまりよくなく、鳥海山は霧の中に隠れてまったくみえない。御浜小屋前から、鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域力フォーラム in あきた2015

遊学舎で開催された「地域力フォーラム in あきた2015」に参加した。今年で3回目となるフォーラムだが、毎回、秋田で活躍している若者の発言を傾聴させてもらい、こちらが元気をもらっている。このフォーラムに出てくる若者たちがいる限り、秋田の未来は明るい。本当にそう思える素晴らしいフォーラムである。 今年の、基調講演の演者は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千沼ヶ原

乳頭山登山の魅力は、無数の池塘に囲まれた千沼ヶ原にあるといっても過言ではない。乳頭山頂から往復3時間の行程だが、乳頭山に登ってここに行かないという選択肢は、私には考えられない。それだけ魅力あふれる高層湿原である。この日は天気が良く、岩手山の山頂がよく見えた。 千沼ヶ原入口 湿原と三角山 湿原に咲く、ミツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳頭山から笊森山への縦走路

乳頭山と秋田駒ヶ岳、そしてニッコウキスゲ。乳頭山は見る場所によって様々な山容を見せてくれる。乳頭山頂から笊森山へと続く縦走路を下りた場所から見る山容は、ちょうど二つの乳房のように見える。乳頭とは、ここからつけられたのかも。 ヨツバシオガマと笊森山。 トウゲブキ。 縦走路直下に広がる池塘の形が面白い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳頭山登山

乳頭山に登り、山頂から360度広がるパノラマを楽しむ。まずは、乳頭山山頂と岩手山が並ぶツーショット。この写真が撮りたくて何度も乳頭山に登ったが、今回初めてその撮影に成功。最高の天気に恵まれたおかげだ。 乳頭山山頂付近から、秋田駒ヶ岳(男女岳)と田沢湖を望む。乳頭山定番の風景だ。 奥に森吉山、中間に山頂がナイフで切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジサイ寺 雲昌寺

男鹿市北浦にある雲昌寺は、梅雨の時期になると境内がアジサイで真っ青に染まるアジサイ寺である。ここの副住職、古仲宗雲氏が10年ほど前から株分けして育て、1000株を超えるほどになったそうだ。今年になって、テレビ局や新聞各紙で報道され、多くの花見客を集めるようになった。 境内入口に「北浦山雲昌寺」の石柱が見えるが、その周囲をあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こまち祭り

小野小町の生まれ故郷との言い伝えのある湯沢市小野地区で、その伝承を今に伝える「こまち祭り」が開催された。今年で48回目を数えるという。昨年までは小町堂が会場だったが、今年からは今年度新たに整備した「小町の郷公園」に会場を移して行われた。 古式ゆかしき衣装と菅笠を身にまとった7人のこまち娘が朱塗りの橋を渡ってゆっくりと歩いてくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北六魂祭2015

5回目の開催となる東北六魂祭が、今年は秋田市で開催された。東北六県を代表する祭りが一堂に会するとあって、毎年大人気の祭りだが、今年もまた大勢の観光客が会場となった山王大通りに集まった。 先頭は、地元秋田の竿燈まつり。 続いて登場したのが、岩手県は盛岡のさんさ踊り。太鼓をたたきながら踊るそのリズミカルな動きは、心が躍らされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑ノ木台湿原

鳥海山3合目付近に広がる桑ノ木台湿原は、一面がレンゲツツジのオレンジ色で彩られ、背後に雄大な鳥海山が眺められる絶好のビュースポットである。例年、6月中旬に見頃を迎えるレンゲツツジだが、今年は花の開花が早く、5月中に咲き始めた。その開花に合わせるように、祓川登山口に向かう車道脇の駐車場から桑ノ木台湿原までの無料シャトルバスが、5月30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はつらつ歩こう会2015

井川町教育委員会が主催するウォーキングイベントに今年も参加した。8年連続8回目の参加である。この大会は、北秋田市米内沢の「浜辺の歌記念館」前をスタートし、国道285号をひたすら歩き、途中、上小阿仁村、五城目町を通過し、井川町の国花苑にゴールするという42.195キロ歩く過酷なイベントである。 沿道には藤の花が綺麗に咲いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海高原の菜の花

鳥海高原の桃野地区の菜の花畑は、雪の残る鳥海山をバックに美しい風景を醸し出してくれるので、写真愛好家には人気のスポットである。毎年、5月末の週末に、「菜の花まつり」が開催されるのだが、今年は花の開花が早く、まつりの前に見頃を迎えていた。 ここには何度も訪れているのだが、数年前に比べると花の密度や栽培面積が少なくなっているようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の千秋公園を歩く

千秋公園は、江戸時代に秋田を治めた佐竹氏の居城跡である。ここは、桜の名所として知られるが、桜の季節以外でも四季折々の花が楽しめる。最近は、千秋公園の桜の衰退が著しく、むしろ桜の後のツツジをメインに花見を楽しむ人も多い。ただ、ツツジは種類が多く一斉に花を咲かせることがないため、豪華さには欠けるが、その分長い期間楽しめる花である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男鹿半島のオオサクラソウ

春の男鹿の山は花の宝庫である。とくに毛無山山頂付近に咲く「オオサクラソウ」は男鹿の山を代表する花といってよい。しかし、近くまで自衛隊敷設道路が通じているためか、盗掘が多くその数が著しく減少している。群落地にはロープを張って人が入れないようにしているが、それでも盗掘する人がいるのだろう。山の花は、山で見るから美しいのである。どうか、盗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬師湿原

にかほ高原の冬師湿原からみた鳥海山の雄姿。ここから見る鳥海山も美しい。 湿原内を走る曲がりくねった道。道端にたつ、特徴ある木。絵になります。 湿原内に咲く、水芭蕉の花。 池のほとりには、赤い鳥居がありました。鳥海山はその山域すべてが、神域なんですね。 撮影:平成27年4月29日(水)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きみまち阪で花見

能代市二ツ井の「きみまち阪」は、秋田県内の花見の名所だが、これまで行ったことがなかった。今年は、秋田県内の桜の開花が早く、多くの花見スポットがゴールデンウィーク前に満開になってしまった。そこで、開花が遅い県北のきみまち阪に行ってみると、まさに満開でちょうど見頃だった。 同じことを考える人が多いせいだろう、この日のきみまち阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多宝院の枝垂桜

大潟村で桜と菜の花ロードで桜と菜の花の競演を堪能したあと、能代市桧山の多宝院に向かった。江戸時代、桧山城代を務めた多賀谷氏の菩提寺である。この寺には、形のよい枝垂桜がある。例年なら、5月の連休明けに見頃を迎えるのだが、今年は大型連休前の4月26日には、すでに見頃を迎えていた。 実を言うと、二ツ井のきみまち阪に向かう途中、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜と菜の花ロード

大潟村のほぼ中央を横断する道路の両脇には、11キロにわたって菜の花と桜が植えられている。今年は桜の開花が早かったので、ちょうど花の見頃が重なった。菜の花と桜が一斉に咲く風景は、それは見事である。 この日は、とても良い天気だったのだが、写真を撮影する向きが順光と逆光では空の色がまるで違う。太陽を背にして写真を撮影すると、真っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おしら様の枝垂れ桜

角館で桜を見、西木でカタクリを見たあと、田沢湖経由で湯沢市横堀のおしら様の枝垂れ桜を見に行った。何ともすごいハードスケジュールである。田沢湖から横手までは、初めて広域農道の「みずほの里ロード」を通った。信号もなく快適な道路だった。途中、横手公園の手前の高台で鳥海山が綺麗に見える場所があった。あとで、ゆっくりと訪れてみたい。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more