テーマ:花・紅葉

太平川堤の花見

秋田市内の桜の名所、太平川堤を花見散歩しました。少し寒かったものの、好天に恵まれ、気持ちの良い花見でした。ここの良さは、あまり広くない川幅の両岸に、びっしりと覆いかぶさるように桜が植えられていることです。そのため、とてもボリュウム感あふれる桜を堪能できます。 青空のもと、ピンク色に染まった桜がとても良く映えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刺巻湿原の春

水芭蕉の群生地、刺巻湿原に行ってきました。花の時期になると毎年のように行っている場所ですが、角館の桜や西木のカタクリが少し早かったせいか、今日はとても賑わっていました。とくに自撮り棒で写真を撮っている中国からのお客様グループが目立ってました。秋田の観光地にもインバウンドが来てるんですね。 清流の中に咲く水芭蕉の花。とても綺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月山に登る

夏休みを取った8月12日、以前から登りたかった山形県の月山に初めて登った。山頂は月山神社となっていて、その下に山頂小屋がある。さすが信仰の山である。山頂周辺は花も豊富だが、目当てのクロユリは残念ながら時期が終わっていたようだった。 山頂から湯殿山、姥ヶ岳方面の稜線を眺める。今回は、羽黒山側の8合目登山口から登ったので、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の中の鳥海山登山

海の日の3連休は、雨の予報が続き、あまり天気が良くなかった。唯一、晴れの予報だった7月20日の海の日に鳥海山に登った。この時期、7合目の御浜小屋がある鳥海湖周辺は、一面にニッコウキスゲが咲き、お花畑となる。鳥海山でもっとも美しい光景だ。ところが、この日も天気はあまりよくなく、鳥海山は霧の中に隠れてまったくみえない。御浜小屋前から、鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千沼ヶ原

乳頭山登山の魅力は、無数の池塘に囲まれた千沼ヶ原にあるといっても過言ではない。乳頭山頂から往復3時間の行程だが、乳頭山に登ってここに行かないという選択肢は、私には考えられない。それだけ魅力あふれる高層湿原である。この日は天気が良く、岩手山の山頂がよく見えた。 千沼ヶ原入口 湿原と三角山 湿原に咲く、ミツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳頭山から笊森山への縦走路

乳頭山と秋田駒ヶ岳、そしてニッコウキスゲ。乳頭山は見る場所によって様々な山容を見せてくれる。乳頭山頂から笊森山へと続く縦走路を下りた場所から見る山容は、ちょうど二つの乳房のように見える。乳頭とは、ここからつけられたのかも。 ヨツバシオガマと笊森山。 トウゲブキ。 縦走路直下に広がる池塘の形が面白い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸池様と牛渡川の清流

そろそろ梅花藻(バイカモ)が見頃になっているのではないかと当たりをつけ、山形県遊佐町吹浦の丸池様と牛渡川に行ってみた。丸池様は相変わらずの美しさで、水の青さといい、その透明度といい、さすが鳥海山の伏流水だけを水源とする池である。 隣を流れる牛渡川も透明度抜群の清流で、ここは綺麗な水中にだけ生育するという梅花藻の花が見られる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジサイ寺 雲昌寺

男鹿市北浦にある雲昌寺は、梅雨の時期になると境内がアジサイで真っ青に染まるアジサイ寺である。ここの副住職、古仲宗雲氏が10年ほど前から株分けして育て、1000株を超えるほどになったそうだ。今年になって、テレビ局や新聞各紙で報道され、多くの花見客を集めるようになった。 境内入口に「北浦山雲昌寺」の石柱が見えるが、その周囲をあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑ノ木台湿原

鳥海山3合目付近に広がる桑ノ木台湿原は、一面がレンゲツツジのオレンジ色で彩られ、背後に雄大な鳥海山が眺められる絶好のビュースポットである。例年、6月中旬に見頃を迎えるレンゲツツジだが、今年は花の開花が早く、5月中に咲き始めた。その開花に合わせるように、祓川登山口に向かう車道脇の駐車場から桑ノ木台湿原までの無料シャトルバスが、5月30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海高原の菜の花

鳥海高原の桃野地区の菜の花畑は、雪の残る鳥海山をバックに美しい風景を醸し出してくれるので、写真愛好家には人気のスポットである。毎年、5月末の週末に、「菜の花まつり」が開催されるのだが、今年は花の開花が早く、まつりの前に見頃を迎えていた。 ここには何度も訪れているのだが、数年前に比べると花の密度や栽培面積が少なくなっているようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の千秋公園を歩く

千秋公園は、江戸時代に秋田を治めた佐竹氏の居城跡である。ここは、桜の名所として知られるが、桜の季節以外でも四季折々の花が楽しめる。最近は、千秋公園の桜の衰退が著しく、むしろ桜の後のツツジをメインに花見を楽しむ人も多い。ただ、ツツジは種類が多く一斉に花を咲かせることがないため、豪華さには欠けるが、その分長い期間楽しめる花である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男鹿半島のオオサクラソウ

春の男鹿の山は花の宝庫である。とくに毛無山山頂付近に咲く「オオサクラソウ」は男鹿の山を代表する花といってよい。しかし、近くまで自衛隊敷設道路が通じているためか、盗掘が多くその数が著しく減少している。群落地にはロープを張って人が入れないようにしているが、それでも盗掘する人がいるのだろう。山の花は、山で見るから美しいのである。どうか、盗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深大寺

神代植物園に行ったら、その隣にある深大寺にも是非行きたいところだ。 深大寺の境内では、「なんじゃもんじゃの木」がちょうど見頃だった。 この石碑にあるとおり、深大寺といえば門前に立ち並ぶ蕎麦屋さんが有名だが、一人で混んでいる店に並んで入るのは勇気がいる。結局、ここでは食べずに、つつじヶ丘の駅ビルの蕎麦屋で食べた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神代植物園

5月の連休、孫の初節句祝いで埼玉に行ったついでに、神代植物園に行ってみた。広大な面積の園内に四季折々の花が沢山植えられていた。1年中楽しめそうな場所である。とくに、バラ園は広く見事で、何でも東洋一のバラ園なんだそうだ。 ちょうど、シャクナゲの花が見頃で、多くの種類のシャクナゲが咲いていた。 バラの季節には、まだ早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬師湿原

にかほ高原の冬師湿原からみた鳥海山の雄姿。ここから見る鳥海山も美しい。 湿原内を走る曲がりくねった道。道端にたつ、特徴ある木。絵になります。 湿原内に咲く、水芭蕉の花。 池のほとりには、赤い鳥居がありました。鳥海山はその山域すべてが、神域なんですね。 撮影:平成27年4月29日(水)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きみまち阪で花見

能代市二ツ井の「きみまち阪」は、秋田県内の花見の名所だが、これまで行ったことがなかった。今年は、秋田県内の桜の開花が早く、多くの花見スポットがゴールデンウィーク前に満開になってしまった。そこで、開花が遅い県北のきみまち阪に行ってみると、まさに満開でちょうど見頃だった。 同じことを考える人が多いせいだろう、この日のきみまち阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多宝院の枝垂桜

大潟村で桜と菜の花ロードで桜と菜の花の競演を堪能したあと、能代市桧山の多宝院に向かった。江戸時代、桧山城代を務めた多賀谷氏の菩提寺である。この寺には、形のよい枝垂桜がある。例年なら、5月の連休明けに見頃を迎えるのだが、今年は大型連休前の4月26日には、すでに見頃を迎えていた。 実を言うと、二ツ井のきみまち阪に向かう途中、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜と菜の花ロード

大潟村のほぼ中央を横断する道路の両脇には、11キロにわたって菜の花と桜が植えられている。今年は桜の開花が早かったので、ちょうど花の見頃が重なった。菜の花と桜が一斉に咲く風景は、それは見事である。 この日は、とても良い天気だったのだが、写真を撮影する向きが順光と逆光では空の色がまるで違う。太陽を背にして写真を撮影すると、真っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おしら様の枝垂れ桜

角館で桜を見、西木でカタクリを見たあと、田沢湖経由で湯沢市横堀のおしら様の枝垂れ桜を見に行った。何ともすごいハードスケジュールである。田沢湖から横手までは、初めて広域農道の「みずほの里ロード」を通った。信号もなく快適な道路だった。途中、横手公園の手前の高台で鳥海山が綺麗に見える場所があった。あとで、ゆっくりと訪れてみたい。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙北市西木町の「かたくり群生の郷」

角館で花見をしたあと、西木のカタクリの郷に行った。角館からだと車で15分ほどで行ける。花の時期が重なるので、角館の桜とセットで楽しめる場所だ。いや、ここだけでも角館に勝るとも劣らない素晴らしいところなのだが、角館ほど人が集まらないのが不思議である。それでも、この日駐車場に停められていたのは県外ナンバーの車がほとんどだった。秋田県民よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角館桧木内川堤の花見

今年の角館の桜は、平日の4月22日ごろにちょうど満開を迎えた。週末までもつかどうか不安を覚えながら、25日の土曜日朝早く角館に花見に出掛けた。花見の時期の週末は、駐車場に車も置けないほどの大渋滞に見舞われる角館なので、行くなら朝早くに限る。この日も7時半前には角館に着いた。 花も少し盛りは過ぎていたが、まだまだ十分楽しめる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角館武家屋敷の枝垂桜

今年の桜は開花が早い。角館の花見は、いつもの年なら、ゴールデンウィークの頃(4月下旬~5月上旬)なのだが、今年は10日も前の4月19日に一部の枝垂桜が満開になっていた。ここは、樺細工伝承館前の枝垂桜。 田町武家屋敷ホテル前の枝垂桜。ここは、2種類の枝垂桜のコントラストが美しい。 安藤醸造本店向かいの太田家の枝垂桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刺巻湿原の水芭蕉

仙北市刺巻湿原は、水芭蕉の大群生地である。国道46号沿いの交通至便の場所にあって、これほどの水芭蕉が咲き誇る自然豊かな場所を、私は他に知らない。JR田沢湖線の刺巻駅からも1キロほどの場所にあって、歩いて行くこともできる。 ここは広大な面積のすべてに水芭蕉が咲く湿原で、場所によって咲く時期がずれる。そのため、鑑賞できる期間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太平川堤の桜

秋田市内の桜の名所といえば誰もが千秋公園を真っ先に思い浮かべることだろうが、花の美しさからすると牛島・楢山地区を蛇行しながら流れる太平川堤に植えられた桜が一番だと思う。 ここは川の両岸にすき間無く桜が植えられていて、それが約2キロ続く。その両岸を往復すると約4キロ、花を愛でながら1時間ほどの楽しいの散歩コースである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勢至公園で花見

秋田県内でもっとも早く桜が開花する、にかほ市金浦の勢至公園。いち早く春の訪れを体感するため、毎年出掛けている。今年は先週にはすでに開花したとの報道があったので、ちょうど今週には見頃になるだろうとの希望的観測のもと、秋田市から1時間かけて行ってみた。全体的にまだ蕾のままの花が多かったが、日当たりの良い場所に咲く桜は見頃になっているもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅原神社と梅の花

秋田市八橋にある梅の名所といえば、菅原神社である。毎年、梅が開花すると、地元紙で報道されるので、訪れる人も多い。ここの梅は、今年は3月中旬から咲いていたので、もう遅いかと思っていたら、梅の期間は長いので、まだまだ十分楽しめる。 菅原神社は、学問の神様、菅原道真公を祀った神社であり、全国の天神様と同じ系列に属する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日吉八幡神社と梅の花

秋田市八橋の日吉八幡神社は八橋運動公園内にあって誰もが気軽訪れることのできる神社だが、春の訪れを告げる梅の花も綺麗な場所である。 まだ植物が少なく枯れた風景のなかで、真っ赤に色付く紅梅は、とてもよく目立つ。 梅の花は、桜の花とほとんど同じ色形をしている。違いは強い香りと、木肌の模様である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜田梅林園に梅が咲く

浜田梅林園は小高い丘の上にあるため、例年だと秋田市内に桜が咲く4月下旬に見頃を迎えるのだが、今年は思いのほか開花が早く4月4日には日当たりのよい場所にある梅が咲いていた。 浜田梅林園でいち早く花を咲かせる、ショウジョウバカマ。 撮影:平成27年4月4日(土)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珠林寺の花々

クリスマスローズに混ざって咲く、キクザキイチゲ。珠林寺界隈はクリスマスローズの他にも、野山に咲く自然の花が沢山生えている。本来、ここは野山の花の宝庫だったのではないかと思う。 カタクリの花。キクザキイチゲとともに、この花もたくさん咲いていた。 クリスマスローズの他に、珠林寺の裏手には花木も沢山植えられている。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズの里 -珠林寺-

秋田市下浜の珠林寺は、クリスマスローズの里として売り出している。珠林寺本堂の裏手から、金比羅神社前に至る斜面一帯に様々な種類のクリスマスローズが植えられている。ちなみに私は去年からここに通い始めたのだが、毎年植栽の場所が広がっているようだ。 クリスマスローズは淡色系の花が多くあまり目立たない花だが、これだけ数多くの花が植栽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more